オーバー・ハンド・レシーブは身につけるべきスキルである

オーバー・ハンド・パスという言葉は聴き慣れているかもしれません。しかし、オーバー・ハンド・レシーブというと、少し聞き慣れないところがあるかもしれません。

本記事では “オーバー・ハンド・レシーブ” にフューチャーしていきたいと思います。

オーバー・ハンド・レシーブというスキルが誕生した経緯

“オーバー・ハンド・レシーブ” というスキルが誕生した直接の要因は、6人制バレーボールのルール変更にあると言っても間違いないでしょう。そのルール変更とは1995年から適用されるようになった “ファースト・プレーにおけるダブル・コンタクトの許容” です。2012年の一時的なルール改正により、元のルールに戻るという時期があったものの、現在においてもファースト・プレーにおけるダブル・コンタクトの許容というルールが適用されています。

現ルールが適用されるまでは、サーブレシーブやディグといった守備の局面においてオーバー・ハンドでレシーブをすると、すぐにダブル・コンタクトの反則をとられていたということです。つまり、現ルールが存在する前に “オーバー・ハンド・レシーブ” というスキルは存在していなかったとも言えるのです。

” オーバー・ハンド・レシーブ” スキルはまさにファースト・プレーにおけるダブル・コンタクトの許容というルール適用によって生み出されたバレーボールの歴史上、比較的新しいスキルであると言えるのかもしれません。

1995年には,「チームのファースト・プレーにおけるダブル・コンタクト(1人の競技者が連続してボールに触れる反則)の許容」 というルールが適用され,積極的にオーバーハンドパスを使用できるようになった2)。このルールは,2012年に改正され,一時的に元のルール(ファースト・プレーのダブル・コンタクトを反則とする)に戻ったものの,翌2013年4月にルール適用の実施を延期するこ とが発表された2,3)。このため,実質的には 1995年からのルールが現在も適用さている状態であり,オーバーハンドによるレシーブの重要性が高まっている。

バレーボール世界トップレベル選手のレセプションおよびディグに 使用する技術:オーバーハンドの技術に着目して

オーバー・ハンド・レシーブのスキル獲得が重要視されない理由を考察する

しかし、バレーボールの歴史という観点で見ると比較的新しいスキルであると言えますが、その最初のルール適用は先述の通り1995年。ルール適用から約25年もの月日が経っているわけです。そうであるにも関わらず、それほど市民権を得たバレーボール用語とは思えないのが実情です。

“オーバー・ハンド・レシーブ” のスキルが軽視されがちな原因を育成カテゴリーのコーチングという観点から見てみると1つの仮説が立てられるのではないかと考えるようになりました。

本格的にバレーボールを始めるプレーヤーの低年齢化

ヨーロッパの多くの国や米国・カナダなどでは、小学生期から1種目に絞って、特定のスポーツの競技力を高めるという考えが強くありません。小学生期はできるだけ多くのスポーツに取り組むことのほうが将来的に活躍するアスリートを生める、神経系や身体の発達にも良い影響を与えるという考えを持っています。

これに対して、日本ではどのスポーツにおいても低年齢期(極端な場合は幼少期)から特定スポーツに絞って、徹底的に競技力を高めることを良しとする傾向にあります。

これはバレーボールの育成現場においても同じだと感じます。そのため、腕や手首、指の筋力が未発達な段階で、ボールを遠くに飛ばすには、その時点だけで見るとオーバー・ハンドよりもアンダー・ハンドのほうが有効であるという判断がなされ、パスやレシーブの局面においてアンダー・ハンドのほうが、オーバー・ハンドよりも圧倒的に多用される状況が生まれています。

バレーボールをスタートする時期が早すぎることによって、“オーバー・ハンド” への苦手意識、さらには恐怖心が強く刻まれてしまうということがあるのかもしれません。

キャッチから始まるオーバー・ハンド・パスのコーチング

初心者へのオーバー・ハンド・パスのコーチングにおける定番練習。

それは、「ボールをキャッチして、投げる」ではないでしょうか?

私も多分に漏れず、この “定番練習” をバレーボールを始めた当時にした記憶があります。今振り返るとこの練習によってオーバー・ハンド・パスのスキルが向上したという実感は皆無です。オーバー・ハンド・パスに対しては苦手意識がなかなか消えることがありませんでした。

この理由は、オーバー・ハンド・パス(レシーブ)の動作原理から考えると極めて非合理的な練習であることだと言えます。動作原理を無視した練習を繰り返しているうちにいわゆる“キャッチ癖” を身につけてしまい「遠方にボールを飛ばせない」「後々癖を取ることに多大な時間をとられる」といった状況が生まれてしまいます。そして、オーバー・ハンド・パスの動作原理を体感・体得することなく、反則ギリギリ(もしくは反則している)のオーバー・ハンド・パスをやり続けてしまうということになります。

オーバー・ハンド・レシーブはオーバー・ハンド・パスと同じ動作原理であるため、オーバー・ハンド・パスの正しい動作原理を体感・体得していないプレーヤーにオーバー・ハンド・レシーブのスキルを身につけることは不可能だとも言えます。

オーバー・ハンド・レシーブの動作原理について極めて詳しく分かりやすく解説した動画を発見したのでここに紹介します。この動作原理はオーバー・ハンド・レシーブにも共通していると思います。

まとめ

ここまで書いたことはあくまで私自身の仮説ですが、オーバー・ハンド・レシーブの基礎であるオーバー・ハンド・パスに対する苦手意識や恐怖心のようなものがバレーボールを始めたときに身についてしまっていることが大きな問題だと思っています。

そして育成カテゴリーの初期段階においてオーバー・ハンド・パスのスキルを十分に習得できていないまま、次のカテゴリーへと進んでしまい、オーバー・ハンド・レシーブのスキルが求められる時期においても、スキル獲得の準備ができていないため、オーバー・ハンド・レシーブのスキル獲得が後回しにされる。

その結果として、オーバー・ハンド・レシーブのスキル自体が重要視されなくなるという状況を生んでいるように思うのです。

育成カテゴリーにおけるコーチングの考え方やコーチング手法・練習方法を変えていくことで、育成カテゴリーにおけるオーバー・ハンド・パスへの苦手意識や恐怖心を払拭することは可能だと思います。

こうしたコーチングにおける日々の改善・努力が非常に重要であると考えています。

重要度が高まるスキル。オーバー・ハンド・レシーブ

さて、ここまでオーバー・ハンド・レシーブというスキルが誕生した経緯や、このスキルが十分に浸透していない理由について考えてきました。

ここからは、オーバー・ハンド・レシーブのスキルを習得することの重要性について考えていきたいと思います。

まずは、下記の記事引用をお読みください。

常に攻撃参加の意識を高く持ち、サイドアウト(相手チームのサーブ)時も、ラリー中も最低3枚、できれば後衛も含めた4枚が同時に攻撃に入ること。そのために、柳田や山田、浅野博亮などウイングスパイカーの選手に対しては「できるだけ体勢を崩さず、次の準備に入れるように」とオーバーハンドでのレセプション(サーブレシーブ)を指示し、選手はその策を遂行した。

 柳田は言う。
ブランさんからはとにかく『オーバーで取れ』とめちゃくちゃ言われます。もともと僕はオーバーのほうが得意なので、自分としてもフィットしている感じがあるし、(初戦で対戦した)トルコのようにフローター(サーブ)が多いチームに対しては、オーバーが一番いい。シンプルなことだけど、指摘され続けて、チャレンジしてきた成果は出ていると思います」

 バックアタックさながらのジャンプサーブや、変化だけでなくスピードもあるジャンプフローターサーブなど、世界のサーブの進化は止まることがない。当然ながら、レセプションを担い、攻撃にも入るウイングスパイカーの負担も増すばかり。だがそこでジャンプフローターに対してはオーバーハンドでレシーブする、といったように1つ指針があれば、たとえ多少乱れることがあっても「精神的にも楽でいられる」と柳田は言う。

全日本男子の新たな挑戦と、高まる期待 速さと高さが共存するバレーを目指して

全日本男子バレーに関するインタビュー記事の抜粋ですが、世界トップレベルで戦う上で、オーバー・ハンド・レシーブのスキルが必須とされていることが分かります。

しかし、この記事だけを見て男子のトップカテゴリーの選手は手が大きいし、筋肉もあるからオーバー・ハンド・レシーブができるのだろうと考える方もいるかもしれません。そんな方にはこちらの記事も読んでいただければと思います。

海外の選手と比べて手が小さく、筋力が弱い日本人にとって克服するのは簡単ではないが、女子に限らず男子でも「オーバーでのレセプションは苦手」と言う選手は少なくない。メディシンボールなど、重量のあるボールでオーバーハンドパスの練習を始めるところから地道に練習を重ね、何本もボールを受けることで、技術習得に加えて、不慣れなプレーに対する恐怖心を克服しようとしているというのが現状だ。

 とはいえ、ここまであらわになっている以上、オーバーでのレセプションに取り組まないわけにはいかない。NECの山田監督だけでなく、久光製薬の酒井新悟監督も「今後は積極的にオーバーハンドでのレセプションに取り組まなければならない」と口をそろえた。

 もちろんそれは、V・プレミアリーグの選手、スタッフだけに突き付けられた課題ではない。小学生から大学生までの育成年代の指導者にとっても同様であるはずだ。いつまでも「日本人は技術に長けている」「海外勢の高さとパワーに負けた」と思っているだけでは、取り返しがつかないほどに世界との差は広がっていくばかりで、その差は縮まることがない。

NECが感じた圧倒的な世界との「差」 取り組むべきオーバーでのレセプション

女子のトップカテゴリーにおいてもオーバー・ハンド・レシーブのスキルが必須であると認識されているのです。

男女ともに日本のトップカテゴリーにおいても、世界と比較するとオーバー・ハンド・レシーブのスキルに課題があるということはこれらの記事から感じ取ることができるかと思います。

そして、2つ目の記事にもあるようにトップカテゴリーに入ってから練習をしてもすぐに習得できるようなスキルではなく育成カテゴリーの中でオーバー・ハンド・パスの動作原理を体感・体得し、オーバー・ハンド・レシーブの練習に育成カテゴリーの段階から取り組み始めている必要があると思うのです。

オーバー・ハンド・レシーブのスキル獲得によるメリット

オーバー・ハンド・レシーブが重要だということはここまでのところでなんとなく感じていただけたように思いますが、ではなぜ重要なのかというところを解説していきたいと思います。

守備範囲が広くなる

攻撃者と守備者の距離によって、守備範囲は大きく変わってきます。攻撃者と近い距離であればあるほど、移動をすることなく広範囲のボールをレシーブすることが可能になります。

オーバー・ハンドとアンダー・ハンドで、ボールを触る位置を比較するとオーバー・ハンドのほうが高い位置でボール・タッチすることができます。バレーボールにおいて攻撃者のヒットしたボールは上方向から下方向に向かって飛来するため、できるだけ高い位置でとったほうが攻撃者から近い位置でボールをレシーブすることができます。

つまり、オーバー・ハンド・レシーブができるということは最低限の移動で広範囲のボールをレシーブできるということを意味します。

変化球のボールに強い

現代のバレーボールにおいては、ジャンピング・サーブが代表するビッグ・サーブが増えてきている事実もあります。

しかし、フローター・サーブやそこから派生して生まれたジャンプ・フローター・サーブを打つ選手も一定数存在していることもまた否定できない事実です。

そして、サーブ・レシーブを難しいスキルとさせているのが、こうした“変化球サーブ” であるとも言えます。手元付近で激しくブレるボールを両手の前腕部分に当ててセッターに返球する(アンダー・ハンド・レシーブ)ことがどれほど高度なスキルなのかは分かっていただけると思います。

しかし、これに対してオーバー・ハンド・レシーブで変化球サーブをレシーブすることを想定してみてください。オーバー・ハンド・レシーブをするということは相対的にアンダー・ハンド・レシーブをするよりも早いタイミングでボールタッチすることになります。それが意味するのは、サーブの速度が緩まり、ボールが激しく変化する前段階でボールタッチするということです。つまり、変化球サーブの効力を無効にしてしまうことができるとも言えます。

また前腕部に当てて返球するアンダー・ハンド・レシーブとは違い、オーバー・ハンド・レシーブでは、人間が最も繊細に動かすことができる手先・指先でボールタッチをして返球するという特徴があります。つまり、それだけボールをコントロールしやすいということです。これは、セッターがアンダー・ハンド・パスでセットせずにオーバー・ハンド・パスを中心にセットをするのと同じ原理です。

レシーブ後の攻撃参加が容易になる

ここでの話はリベロとセッター以外のアタッカーに関する話となっていきます。アタッカー、特にサーブ・レシーブを中心となって行うウイング・スパイカーは、サーブ・レシーブをした後に攻撃に参加することが攻撃枚数を増やすという意味合いにおいてとても重要になってきます。そのため、単にセットしやすいサーブ・レシーブをするということだけではなく、自分を含めて攻撃枚数をいかにして確保するのかという視点がサーブ・レシーブにおいて重要です。

サーブ・レシーブ位置やレシーブ時の体勢にもよりますが、アンダー・ハンド・レシーブをした後に攻撃参加するよりもオーバー・ハンド・レシーブをした後に攻撃参加するほうが、アタック動作への導入が容易になります。

オーバー・ハンド・レシーブのスキルはどのようにして獲得していけばよいのか

では、バレーボーラーに求められる必須スキル、オーバー・ハンド・レシーブはどのように身につけていけばよいのでしょうか。

私が考えるのは、まずはオーバー・ハンド・パスのスキルを確実に獲得することです。キャッチ&スローの延長上にある、反則(もしくは反則ギリギリ)をとられるようなものではなく、動作原理にしっかりと基づいたオーバー・ハンド・パスを体得することが育成カテゴリーの初期段階において最優先事項だと思います。

プレーヤーとしてのキャリアをスタートした時点から、オーバー・ハンド・パスに対して苦手意識や恐怖心を持たないことが極めて重要だと考えます。

そして、指先の筋力がついてくる中学生頃からオーバー・ハンド・レシーブのスキル獲得することを目的とした練習をするのが良いのではないかと思います。年齢やプレーヤー毎の成長時期によって柔軟にコーチがそのタイミングを見極めて練習していく必要があると思います。

トップカテゴリーで求められるようなスキルは、そのカテゴリーに入ってから習得するものではなく育成カテゴリー時から少しずつ計画的に身につけられるべきものであるということを育成に関わるコーチが理解し、行動することが極めて重要だと記事を書きながら考えさせられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました