Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

プレーヤーの自己構造化について考える

選手を育成するのに私たちが最初に行わなければならないのはゲームモデルを作ることではない。それは指導者がやりがちな大きな間違いの1つだ。どんなに立派なゲームモデルを作ることよりも、まずその選手に『何ができるか』にフォーカスしなければならない。

パコ・セイルーロ(FCバルセロナ・ファーストチーム・元フィジカルトレーナー)

これは パコ・セイルーロの言葉である。

私はこの言葉から自分自身の育成に対する考え方を改めて見直すためのヒントを得ることができたと思っている。本記事では、彼の構築した『自己構造化トレーニング』について考察を深めていきたい。

パコ・セイルーロとは

パコ・セイルーロとは一体何者なのか?

本記事を読んでくれているだろうバレーボール畑の人たちはそう思ったに違いない。そんな名前聞いたことないと。

彼を分かりやすく形容するならばこうだ。

誰もが知る世界屈指のサッカー・クラブ、FCバルセロナのカンテラ(育成機関)からトップチームまでのトレーニング理論を構築した人物。

この説明だけで彼の偉大さは十分に伝わったと思う。が、彼の『稀有』さ加減について、加えて知ってもらいたいことがある。それは、彼がいわゆるサッカー畑の人物ではないということである。

彼はもともと陸上畑の人間なのだ。しかも、サッカー畑にやってくる前にはハンドボール畑を経験している。

私自身もそうだが、自身のプレー経験がある競技のコーチをすることのほうが大半ではないだろうか。ましてや、3つ以上ものスポーツ競技でコーチングの経験を有するというのは極めて稀ではないだろうか。

しかし、そんな彼だからこそ、先入観という色眼鏡なしにサッカーの本質、もっと言えばチーム・スポーツの本質を見抜いて、サッカーだけに留まらず、あらゆるチーム・スポーツに共通するトレーニング理論を確立することができたのかもしれない。

『構造主義』と『要素還元主義』

彼が確立したトレーニング理論である『構造化トレーニング』について語る上で、まず「構造とは何か?」という問いに答える必要がある。ここで早速『構造』について考えていきたいところではあるが、まずは『構造』に相反する『要素還元』という概念について理解を進めていきたい。『要素還元』の概念を理解すると『構造』という概念に対する理解が比較的容易に進むと思うからだ。

『要素還元主義』とはどんなに複雑な全体も小さな要素の組み合わせであり、それらを細かく分解していけば最終的にはすべてシンプルな要素となるという考え方だ。

これに対し、『構造主義』とは全体は要素の総和ではなく、要素を単純に合わせたとしても全体にはならないという考え方である。物事を理解するときに要素毎に分解して取り出す(還元する)のではなく全体の構造そのものを「そのまま」理解しようとするのである。要素同士の相互関係と相互作用についても考慮しておく必要があるという立場である。

例えるならば、生きた魚を捌いて(分解して)から、バラバラになった(要素別になった)断片を再度くっつけてたとしても生きた魚には戻らないという考え方である。

『構造主義』的なアプローチ

そして、セイルーロがチーム・スポーツのトレーニングの目的を考える上で最も重要視したのが要素同士の相互関係と相互作用である。

チーム・スポーツにおける相互関係・相互作用とはチームメートや監督、そして対戦チームに審判、会場、ピッチ(コート)、ボールなどあらゆる要素が複雑に絡み合い、互いに関係し互いに作用し合っていることを指す。

彼は、これらの相互の関係と作用を総合的に俯瞰しながらトレーニング・プログラムを構築することが、チームスポーツにおけるトレーニングの本質だと考えたのである。

『人間』というものを極めて複雑な構造物として捉えて、その『人間』の周りに存在するあらゆる人やモノ、環境との関係性を包括的に捉えようとする態度である。

自己構造化とは

ここまで述べてきたような思考と態度の元、セイルーロはトレーニング理論を構築してきたわけであるが、ここではさらに、彼の構造化トレーニング理論がその他数あるトレーニング理論とは一線を画している点について強調しておきたい。

その点というのが、プレイヤー個人の構造化を行ったという点だ。

チーム・スポーツにおけるプレイヤーをそのプレーヤー足らしめているものは一体何なのか?

と問い、1人のプレーヤーを構造化しているもの、つまりそのプレーヤーの中身は一体どうなっているのかを考えていったのである。

人間が物事を学習し、習得していく一連のプロセスというものを、様々な学問的アプローチから包括的に研究したのである。

そして、最終的にはチーム・スポーツにおける個人の能力を8つの構造として整理した(自己構造化した)のだ。この自己構造化のモデルは、FCバルセロナの育成アカデミーで、実際に選手のプロファイリング等に使われているとのことである。

8つから成る『自己構造』

チーム・スポーツにおけるプレーヤーの自己構造化について整理した8つから成る『自己構造』を下記に列挙するのでご覧いただきたい。

コンディション:身体的な調子・状態のことを指す
コーディネーション:該当するスポーツで必須となるテクニックやスキルを指す
認知:プレーに必要な情報収集・理解・判断の一連のプロセスを指す
生体エネルギー:運動を行うために必要とされる身体の生物的なエネルギーを指す
感情・意欲:プレーする意思やモチベーションを指す
社会性:対人関係やチームメートとの関係性(コミニケーション能力etc)を指す
表現力:自己表現や自己アピールする能力を指す
メンタル:自己の中にあるすべての能力を統合する力を指す

さて、ここで列挙した8つから成る自己構造を理解する上で、読者の皆様には注意喚起をしておきたい。上記に示した8つを独立的存在(相互関係・作用がない一要素)として捉えるのではなく、8つともが相互関係・作用しながら存在し、プレーヤーを『自己構造』化しているものであると捉えてほしいのだ。

例えが適切か分からないが、糸の張り巡らされた蜘蛛の巣上に8つが散りばめられていることを想像してもらえるといいのではないだろうか。一つ一つが、それ以外の7つと相互に関係し合い、作用し合っているイメージを持ってもらえるとよいだろう。

特に重要視されている3トリオ

セイルーロは先述した8つの中でも、特に優先順位が高いものが「3つ」あるということを強く主張している。

これらの3つについては、いついかなるときもトレーニングを行う際、最も考慮すべきであると強調している。

それは、コンディション・コーディネーション・認知である。

では、この3トリオにもう少し焦点を当てて見ていこう。

まず、コンディション

身体的な調子・状態のことを指すわけだが、スポーツ・トレーニングの文脈での、謂わゆるフィジカル的な能力である。そして、セイルーロはこれをさらに5つに分けて整理している。

ストレングス:何か働きかけられる力に耐える強さ
エンデュランス:持久力
スピード:何かに自らは働きかけて動かす強さ≒パワー
フレキシビリティー:柔軟性
リラクゼーション:弛緩性

サッカー競技においては、上記5つの中でも特にストレングス・エンデュランス・スピードが重要視されているそうだ。実際、競技によって重要視される項目には違いが生まれてくるのだと思うが、私はバレーボール競技においてもサッカー競技と同じことが言えるのではないか考えている。

次に、コーディネーション。

該当するスポーツで必須となるテクニックやスキルを指す。サッカーで言えば、ドリブルであり、パスであり、シュートと言える。そのスポーツにおける専門的なテクニックのことを指す。これはバレーボールで言えば、アンダー・ハンド・パスであり、オーバー・ハンド・パスであり、サーブであり、スパイク…といったテクニックが該当するだろう。

最後に、認知。

プレーに必要な情報収集・理解・判断の一連のプロセスを指す。サッカー界、特に育成カテゴリーの研究が進んでいる欧州では、この『認知』の重要性がクローズ・アップされている。今後、日本においても『認知』の重要性への理解は深まっていくだろう。

さて、『認知』に対する理解度(解像度)をもう少し高めておきたい。

『認知』のプロセスにおける「プレーに必要な情報収集」とあるが、ここでの「情報」とは大きくプレーヤー自身の「外側の情報」と「内側の情報」に分けることができる。サッカーであれば、ピッチ上でのボールの動きや相手チームと自チームのプレーヤーの位置・動きなどが外部情報であり、それに対し自分自身がピッチ上のどこに位置し、どのような状況下にいるのかというのが内部情報である。

バレーボールに関しても、ネットによってコート(ピッチ)が相手チームと自チームで分断されていることを除けば、本質的に言えばサッカーと大きな違いはないように思う。

しかし、バレーボール競技はゲームをある程度楽しめるようになるために必要な基礎的なテクニックの習得に比較的時間がかかる。そのため、そうしたテクニックの習得にばかりに焦点が当てられる傾向があるため『認知』を高めていこうとする意識が低くなりがちである。

この点については、バレーボールの競技力を向上させていくためにも、バレーボール界全体として考え方を改めていく必要があるだろうと思う。

自己構造化トレーニングのデザインに必要とされる4条件

『自己構造化』という概念についてはここまでのところでなんとなく掴んでもらうことができてきたのではないだろうか。

では、ここからは実際に自己構造化の概念をしっかりと体現したトーレニングをどのようにしてデザインしていけばよいのかという話に移っていきたい。

セイルーロは、トレーニング・デザインをする際に守るべき条件を次の通り4つ挙げている。

1.『独自』のものであること
2.『特化』していること
3.『個別』であること
4.『プロセス』であること

1つずつ詳しく見ていこう。

1.『独自』のものであること
トレーニングのすべてが、そのクラブ・チームの哲学やゲームモデル、育成方針に合致している必要がある。そして、これらのものがクラブ・チームだけの独自性を持ったものであることが大切である。つまり、トレーニングを見さえすれば、そのクラブやチームの哲学、ゲームモデル、育成方針が透けて見えるようでなければならないと言える。

2.『特化』していること
トレーニングのすべてが、そのスポーツに特化したものでなければならない。それぞれのスポーツの持つ本質(ルール)を理解し、そのスポーツが持つ特徴を掴み、それらを網羅するようなトレーニングをデザインしなけければならない。

3.『個別』であること
トレーニングのすべてが、チームのそれぞれのプレーヤーの個別性を考慮したものでなければならない。当然ながら、一人一人プレーヤーは違っている。各プレーヤーの発達段階(身体的・精神的な)、スキルレベル、性格特性、学習タイプ(どのように物事を学習し習得していくのか)、持ち合わせた才能など、一人として同じであるということはあり得ない。

4.『プロセス』であること
トレーニングはすべてプロセスに従い、順序立てられたものでなければならない。一つ一つのトレーニングは独立し切り離されたものではなく、プロセスの中に内包され秩序立ったものである必要がある。そのため、一つ一つのトレーニングが連なって一つの物語を形作るようでなければならない。

セイルーロの金言

最後に、自己構造化トレーニングをデザインしていく上で、新たな気づきを与えてくれるだろうセイルーロの金言をいくつか引用したい。

トレーニングにおける学習は何かを繰り返し練習することではなく、選手により多くの異なる経験や新しい経験をさせることだ。

良い選手というのはそれがたとえ全く新しい状況であっても、自分のやり方で問題を解決することができる選手だ。

『習慣』ははじめは安定を生むが、最終的には破壊をもたらす。

新しい練習をすれば選手はその新しい刺激に適応するために自身のエネルギーを存分に注ぐことになりこれによって選手は上達する。

パコ・セイルーロ(FCバルセロナ・ファーストチーム・元フィジカルトレーナー)

『自己構造化トレーニング』の本質が何かということを考えさせられる言葉ばかりではないだろうか。

プレーヤーは有機体である

本記事では、セイルーロが構築した自己構造化トレーニングを話題の中心として『プレーヤーの自己構造化』について考えてきたがいかがだっただろうか。

私が、本記事で伝えたいことを一言で伝えるのであれば、プレーヤーは有機体であるということである。

有機体とは、多くの部分が緊密な連関をもちつつ統一された全体のこと。

私たちはしばしば物事をあまりに単純化して捉えてしまうクセがあるように思う。そのほうが簡単だからである。もちろん、そうしたほうが良い場合もあるだろうが、ことプレーヤーに関してはそうあるべきではないだろうと思う。

参考書籍

「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)
「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)
footballista (フットボリスタ) 2021年 01月号 [雑誌]
Amazonでfootballistaのfootballista (フットボリスタ) 2021年 01月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました