育成の観点からオフェンス・システムを考える

バレーボールの戦略を考える上で、熟考すべき要素にオフェンス・システムをどのように構築するのかは極めて重要であるように思います。そして、このシステムを考えていく上でローテーションというルールの存在が非常に大きいということに気がつかされます。

ローテーション※1. バレーボール(6人制)において、試合でサーブ権をとったチームが選手のポジションを時計回りに一つずつ変えていくこと

ローテーションというルールが、バレーボールというスポーツを特徴づける上での重要な要素であることは間違いありません。このルールによってバレーボール特有の戦略や戦術が発生していると考えられます。

本記事では、このローテーションというルールと関連の深いオフェンス・システムについて考えていきたいと思います。

オフェンス・システムの考え方

チームプレーヤーの特長や能力に応じて、適切なオフェンス・システムを組むことがゲームにおいて重要となります。まずはここではいくつかあるオフェンス・システムについて確認していきましょう。

まず、オフェンス・システムを表現する際、次のように表すことができます。

「●ー◯

●…1~6の数字が入ります。ここで表す数は、前衛でアタックをする可能性のあるプレーヤーの数となります。

◯…1~6の数字が入ります。ここで表す数は、セッターを担うプレーヤーの数となります。

それでは、具体的にどのようなオフェンスシステムがあるのかを見てきましょう。

様々なコンセプトのオフェンス・システム

長期的育成を考える「6-6」システム

全員アタッカー。全員セッター。

全員がいずれかのポジションにおいてセッターをするシステムを指しています。ポジションが専業化していくトップカテゴリーにおいてはまず見られることがないシステムです。

育成カテゴリーにおいても、毎年短期間でゲームに勝てるチーム作りをすることが求められる環境の中では、ほぼ活用されることはないと考えられるシステムです。

全員がアタッカーとセッターの経験ができるシステムということもあり、多様な運動経験が求められるゴールデンエイジ(プレ・ゴールデンエイジ)に該当する小学生カテゴリーの育成効果を考えると、非常に有効だと思います。

しかし、小学生カテゴリーにおいては、特別ルールであるフリーポジション制度の存在によって、ローテーションのルールは適用されません。即座の勝利を求めるのであれば、ポジションを固定化してゲームに臨む方が効率的であることから、このシステムを採用するチームを、小学生カテゴリーで見られることは極めて稀なのではないでしょうか。

また、このシステム導入として、バトミントンコートなどを活用し、ミニバレー( 4人プレーヤー vs 4人プレーヤー )の中で「4-4」システムでプレーするというのは一つの選択肢になるかもしれません。

そして、さらにその前段階の導入としてミニバレー( 2人プレーヤー vs 2人プレーヤー )の中で「2-2」システムでゲームをすれば、プレーヤーは短時間でより多くのプレーを経験することが可能となります。

複数のセッター育成を考える「4-2」システム

2名のセッターが存在し、それぞれ前衛の3つのポジションでセッターをします。そして、それ以外の4名のプレーヤーが攻撃に参加するというシステムです。

このシステムを使っているチームはどのカテゴリーでもあまり多く見られませんが、イギリスではU16の全国大会ではよく採用されるシステムのようです。

以下、”Coaching & Playing Volleyball 101号” からの記事を引用します。

イギリスではU16(16歳以下)の全国レベルでは「4-2」を使っている。U17になって初めてワンセッターシステムが導入されている。他の国でも同様のシステムを採用していると聞く。イギリスのこの考え方は、2セッターシステムを採用することで、より多くの選手にセッターを経験させて、そこから優秀なセッターを育てよう、ということだ。高校のジュニアでも検討に値する。

『トップレベルで4-2システムが使われない理由』 Coaching & Playing Volleyball 101号

育成という観点では、上記で紹介した「6-6」システムに近いコンセプトだと言えそうです。しかし、このシステムはよりセッターの育成に焦点を置いたシステムであると言えます。

また、セッターが常に前衛に位置するシステムという点から、次のような特徴が挙げられます。

  • トランジション時、セッターが常に前衛にいるためコート内の動きが常にシンプルになる。
  • 常にセッターはツーアタックを打つことが可能。
  • 前衛のアタッカーは常に2人である。

このように、メリット・デメリットのあるシステムですが、海外ではあくまで育成段階で採用するシステムとして位置付けられているようです(しかし、常に世界のバレーは変化し続けていますので、もしかすると今後トップカテゴリーでも「4-2」システムが見られる日がやってくるかもしれません)。

攻撃的なセッター育成を考える「6-2」システム

2名のセッターが存在し、後衛の3つのポジションでセッターをする。そして、プレーヤーの全員が攻撃に参加するシステムです。

このシステムは、攻撃力を持ったセッターが複数人チームにいる際に、有効と考えられるシステムと言えるかもしれません。

そして、まず一番に前衛に常に3名のアタッカーを用意することができるというのがメリットとして挙げられるでしょう。しかし、その反面でセッター以外は2名のセッターとのコンビネーションを構築する必要があります。その点はデメリットと捉えることができるかもしれません(但し、相手ブロッカー・レシーバーからすれば、2名のセッターのトス回しやリズムに対応する必要があるため、相手チーム視点に立ってみると必ずしもデメリットとも言えない)。

また、セッターの育成という話で言うと、どの国やどのチームにおいてもセッターはチーム内で相対的に低身長のプレーヤーがその役割を担う傾向があります。育成カテゴリーの段階からアタックも打てる高身長のセッターを育成するという観点からすると、このシステムはとても有効な気がします。

もしも、そうした魅力的なセッターをトップカテゴリーに輩出することができれば、他チームや他国と戦う上での大きな武器となることでしょう。

最もオーソドックスな「5-1」システム

最もオーソドックスなワンセッターシステムです。全ローテーションにおいて、1人のセッターがセットを担います。

あらゆるカテゴリーで最も多く採用されているシステムと言えます。このシステムを採用することの最大のメリットしては、チーム内におけるコンビネーションを始めとするチームのプレー精度を高めることが他のシステムと比較して相対的に容易であるということではないでしょうか。

特に短期間でチーム作りをして、試合に勝つことが求められるような状況においては、この「5-1」システム以外を採用するにはリスクが伴ってしまうと考えるコーチも多いのかもしれません。

育成段階に応じたオフェンス・システムの選択を

ここまで各々のオフェンス・システムについてまとめてきました。改めてそれぞれのシステムの持つ特性について考え、感じたことは、育成段階やそのチームプレーヤーの特性によって、最適なオフェンス・システムが違ってくるということ。そして、ある一時点においてそのオフェンス・システムが「最適」であったとしても、時間の経過とともに、そのシステムは「最適」ではなくなってしまう、常に変化の起こる生き物のようなものであるということです。

我々コーチは、もしかするとプレーヤーの特性や将来の可能性を十分に鑑みることなく、なんとなくオーソドックスな「5-1」システムを採用してしまっているかもしれません。

我笑コーチは、長期的視点で一貫育成をしてくのだという意識を常に忘れず、自身のコーチングはプレーヤーの育成段階のどこに位置しており、そこでプレーヤーにはどんな経験をしてもらうことがベストチョイスなのか?と考え続ける必要があります。

プレーヤーの成長か?ゲームの勝利か?

私は、小学生6年の夏以降、中学校カテゴリーへの準備期間としてローテーションをして試合に出るようなった経験があります。

また、中学校3年時のチームでは、第2のセッター育成という観点から「5-1」システムから「6-2」システムへ移行して試合に出るという経験をしました(このシステムに変更によってチーム力は明らかに下がった)。

その時は、あまりオフェンス・システムについて深く考えたことはありませんでしたが、当時のコーチはなかなか勇気のある決断をしたと思います。その時点での勝利よりもプレーヤーの成長、そしてプレーヤーの未来を優先したのだと思います。

コーチには常に決断すべき事項が多くあり、何年経ってもあればベストな選択だったのだろうか?と思うことは多々ありますが、その決断のプロセスの中で何が大切なのかを常に自問自答していかなければなりません。このオフェンス・システムの採用についても、プレーヤーのあらゆる可能性を鑑みて決断していくことができれば良いのではないかと思います。

最後に、私の尊敬すべきコーチが育成段階に応じたコーチングを実践させており、その報告ブログ中にオフェンス・システムをプレーヤーの成長に応じて変更していったという話が書かれています。2年半に渡る育成の記録が書かれたブログを最後にご紹介します(圧巻です)。下記の記事以外にも示唆に富んだ文章がたくさんありますので、ぜひお読みになってください。

もしもゼロからチームをつくってみたら(2年半の総括)

コメント

タイトルとURLをコピーしました