Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

チーム・スポーツにおける構造主義的アプローチ(vs 要素還元主義的アプローチ)

他競技から学ぶべきことは本当に多い。特に私がここのところ多くを学んでいるスポーツはサッカーだ。

色々とサッカーに関する雑誌や書籍を読んでいる中でもかなりの衝撃を与えてくれた本。その本とは『「サッカー」とは何か』

「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)
「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)

なんと本質的でストレートなタイトルだろうか。サッカーを愛していないと、こんなタイトルには絶対しないだろうし、絶対こんなテーマでは書けないだろう。

ぼくもいつか『「バレーボール」とは何か』を描きたい。そんなことを思いながらアマゾンでポチッと購入。

そして、本書の大きなテーマは「戦術的ピリオダイゼーションと構造主義」である。

私が、本書の内容の中で最も強いインスピレーションを受けたのが「構造主義」という概念である。本記事では、この構造主義について突き詰めて考えていこうと思う。

構造主義とは何か

では、構造主義という概念についてイメージを掴んでもらうためWikipediaに登場してもらうこととする。正直、分かるようで分からないような説明かもしれないが、できるだけ、イメージを掴みやすいだろう箇所を太字にしておくので参照願いたい。

(前略)原則として要素還元主義を批判し、関係論的構造理解がなされる。ソシュールが言語には差異しかないと述べたと伝えられているように、まず構造は一挙に、一つの要素が他のすべての要素との関係において初めて相互依存的に決定されるものとして与えられる。このような構造の理解においては、構造を構成する要素は、原則として構造を離れた独立性を持たない

Wikipedia『構造主義』より一部抜粋

また、上記文中に「原則として要素還元主義を批判し…」とあるが、この要素還元主義(還元主義)についても理解しておくことは構造主義への理解を助けてくれる。ウィキペディアの説明を以下、一部抜粋し紹介しておく。

複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方

Wikipedia『還元主義』より一部抜粋

つまり、構造主義とはまとめると次のようになる。

構造主義とは、一つの構造の構成要素を個別に分解し、それぞれの要素を理解しようとする考え方を否定する。そして、構成要素はすべて相互依存関係にあるという前提に立ち、構造全体を一つのものとして捉えようとする考え方である。

チーム・スポーツにおける構造主義的アプローチ

さて、ここからは本書で紹介されているチーム・スポーツにおける構造主義とはどういったものなのかを具体的に考えていきたい。

本書ではタイトルの通り、サッカーを具体的な例としてチーム・スポーツにおける構造主義について説明している。

まず初めに、チーム・スポーツにおける構造主義という概念を導入した人物であるパコ・セイルーロについて紹介をしよう。彼のことを端的に説明するとすれば次の通りである。

元々、専門は陸上競技。ひょんなことからFCバルセロナ(総合型スポーツクラブとして、そして育成機関として世界でも最も成功していると言えるクラブチーム)のサッカー部門の育成を任されることに。FCバルセロナの育成の基礎を創った人物の一人。

どうだろう。この紹介からますます彼に対して興味が湧いてはこないだろうか。彼は元々はサッカー畑の人間ではないのだ。しかも、個人競技である陸上競技が専門である。

さて、そんなパコさんが導入した構造主義的アプローチの名称が構造化トレーニングである。

この理論を構築するに至った背景には、自身の専門である個人競技である陸上競技とチーム・スポーツであるサッカーのトレーニング方法が、当時ほとんど変わらないという状況に衝撃を受けたのが新しいトレーニング手法を開発する大きなきっかけとなったようだ。

こうして、彼が持った一つの違和感から構造化トレーニング理論の体系化が始まったのである。実にロマンのある話ではないか。

「相互関係」と「相互作用」を重視する

偉大なるパコさん。彼は構造化トレーニング理論の体系化を進めていく中で相互関係・相互作用という概念を最も重視視した。

このことは、Wikipediaの構造主義の説明にあるように『もう一つの要素が他のすべての要素との関係において初めて相互依存的に決定される』という部分のことを指している。

そしてこの相互関係・相互作用という概念を軸に、トレーニングにおける主な目的を5つ挙げている。

1. 試合に向けての負荷コントロール
2. シーズンを通じたコンディション維持
3. 少ない時間での効率的なパフォーマンス向上
4. 豊富なメニューでプレーヤーを惹きつける
5. 試合に近い状況で試合をシミュレーションする

これら5つの主目的はコーチ視点から見ると、トレーニング計画を立案する際の原則5箇条と言われたとしてもとてもしっくりくる内容である。

内面から構造化されるプレーヤー

さらに、偉大なるパコさんが提唱する構造化トレーニング理論が他に類をみない、特筆すべき存在となっている理由の一つが、個々のプレーヤー一人一人の内面構造にまで焦点を当てている点である。

パコさんはトレーニングを行うにあたって、プレーヤーとプレーヤーを取り巻く環境(チームメイト・対戦相手・気温や気候・コート・ボール・審判等のをありとあらゆる環境を含む)においても相互関係・相互作用を重要視しており、それらすべてを超複雑な全体構造として捉えている。

そしてさらに、個々のプレーヤー自身の内面まで構造的に捉えようとしているのだ。そのために彼は多種多様な学問的アプローチを駆使し、最終的には8つの要素まで絞り込んで、プレーヤーはそれらによって自己構造化されるものであると定義したのである。

では、この8つの要素を見てみよう。

1. 生体(身体の生物的)エネルギー
2. コンディション(フィジカル)
3. コーディネーション(そのスポーツおいて必須となる専門的技術や身体操作)
4. 認知(情報の収集・編集・理解・判断の一連プロセス)能力
5. 社会性(コミュニケーション能力)
6. 感情意欲(意志・モチベーション)
7. 表現力(チームでの自己表現・PRする能力)
8. メンタル(自分の持っている能力を統合化する能力)

8つの要素に分解するなんて、これこそまさに要素還元主義ではないか!?話が違うじゃないか〜!

このように思われる方もいると思うので少し説明を加えよう。

確かにこのように要素分解してしまうと、直ちにそれぞれを単体のモノとして捉えて、要素毎に理解しようとしてしまいがちであることは否めない。しかし、構造主義の概念を思い出してほしい。8つの要素は常に相互関係にあり相互作用し合うものだと考えるのが構造主義的アプローチであったはずだ

言語化するプロセス上、要素分解しているように感じるだけで、実際それぞれの要素はすべてが相互関係し、相互作用しあう一つの構造の一部であると理解することが重要である。

これら8つの要素が相互関係し、相互作用することでプレーヤー自身の内面が構造化されるのだとパコさんは捉えたのだ。

チーム・スポーツにおける構造主義を二段構えで捉える

ここで、チーム・スポーツにおける構造主義的アプローチについて少し整理してみるとすれば、二段構えで捉えるのがよさそうである。

まず1段目が、プレーヤーとプレーヤーを取り巻く環境との関係を最適化すること。そして、2段目が、プレーヤーの内面にある8つの要素をうまく統合・最適化することである。

こうして考えるとチーム・スポーツにおける構造主義をうまく捉えられるのではないだろうか。

コンディション・コーディネーション・認知という視点からスポーツの特異性を考える

さて、もう少し自己構造化のプロセスについて考えていきたいと思う。

本書では、自己構造化における8要素のうち、特に3要素が重要であると書かれている。それは、コンディション・コーディネーション・認知である。

ではなぜ、この3要素が特に重要視されるのだろうか。

私は、各スポーツが持つ特異性に最も大きな影響を与える要素が、コンディションであり、コーディネーションであり、認知であるからではないかと考えた。

サッカーとバレーボールを例に考えてみよう。

まずはコンディション。本書によると、コンディションはさらにストレングス・エンデュランス・スピード・柔軟性・リラクゼーションといった5つの要素に細分化される。

ここでは、スピードを例にとって具体的な状況について考えてみたい。

サッカーでは広いピッチの中を相手チームの守備を素早くかわしながら、追いつかれないようドリブルするといったスピードが求められる局面が想定される。

これに対し、バレーボールでは9m×9mという限られた自コートの中で、相手コートから飛来するボールの落下点に素早く移動してレシーブし、セッターから供給される速いボールに対して、スピーディーなステップでアタック・アプローチすることが求められる局面が想定される。

スピード」と一言で言っても、サッカーのそれとバレーボールのそれは全く持って異質であるのだ

次にコーディネーション。サッカーにおけるコーディネーションの一例として、足を使った巧みなドリブルで相手守備を翻弄する局面や様々な体勢からシュートするような局面が挙げられるであろう。

これに対して、バレーボールにおけるそれの一例として、常に一定ではない様々な体勢からアンダー・ハンド・パス、オーバー・ハンド・パスの技術を使ってボールをコントロールするような局面が挙げられるだろう。

ここでも説明するまでもなく、サッカーのそれとバレーボールのそれは全く持って異質である。

最後に認知について。

サッカーでは、プレーする上で広大なピッチ全体を見渡し、その中で攻守が入り乱れ、常に流動的に動いている自分を含めた22名のプレーヤーとボールの動きを同時的に認知する必要があるだろう。

これに対して、バレーボールでは、プレーする上で相手コートも含めた18m×9mのコート全体を見渡し、高速で小刻みに動き続けるネット奥の6名のプレーヤーと同コート内にいる自分を含めた6名のプレーヤーの動き、そして短時間で超高速移動するボールの動きを認知する必要があるだろう。

やはり認知についても、サッカーのそれとバレーボールのそれは全く持って異質なのだ。

ここまで具体的な例を挙げてきたが「その」スポーツが持つ特異性が色濃く反映されるのがコンディション・コーディネーション・認知の3つの要素なのだ。

構造化トレーニングの計画立案において、これら3要素を常に頭の中心に据え置いておくことが極めて重要のことである。

バレーボール・トレーニングにおける構造主義的アプローチ

さて、最後に構造主義的なアプローチが「ネット型・チーム」スポーツの代表とも言えるバレーボール競技において有効な手立てとなるのか?について私見を述べたい。

まず、結論から言うと私の意見は明確に「イエス」である。

特に私自身が関わっている、日本のバレーボール界の未来にとっても重要な育成カテゴリにおけるコーチング・トレーニング計画、カリキュラム作成をしていく上で極めて有効なものであると思っている。

現在、私の運営しているバレーボール・アカデミーではバレーボール・プレーヤー育成モデルを構築しようと、日々様々な試行錯誤をしている最中である。そんな渦中の私にとって、この構造主義的アプローチという概念は非常に大きなインパクトがあった。

「〜理論」「〜メソッド」とか巷にはあふれている。商用的なものもあればたくさん研究や知見が蓄積された科学的根拠に基づいたものもある。まさに玉石混淆

ただ、コーチである限り、良き悪きも多くのものを学び続ける義務があると思っている。良きも悪きもたくさんの考えに触れて、感じ、考え、最終的には自分なりの答えへと昇華させていかなければならないと思っている。

今はいろんな知見や知識を自分の脳みそのなかでぐちゃぐちゃに混ぜ込み、熟成させていくプロセスを繰り返すことが思考停止に陥らない一つの方法だろうと思っている。

これからも学び変化し続けることを恐れないコーチでいたいと思いつつ本記事を締めくくりたい。

タイトルとURLをコピーしました