習慣は人生を変える最強のツールである。

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

このフレーズはあまりにも有名かもしれません。元々は心理学者であり、哲学者であったウィリアム・ジェイムズによるものであるとのことですが、かの有名な野球選手だった松井秀喜選手の座右の銘であったことでも有名です。

「一つ一つ人生が変わるまでのプロセスを懇切丁寧に書き出してくれているな〜。」といった印象を受けますが、同時に「人生が変わるまでなかなか時間がかかるものだな〜」というふうにも感じてしまいます。

そこで、もう少し「人生が変わる」までのプロセスを短縮することはできないものか?

と考えてみたところ、新しい(私にとってですが、、、)考えが生まれてきましたので、それを本日、発表したいと思います。

どこにメスを入れるのか!?

人生を自分自身によって変えていくために何を変えればいいのか?

変えなければならないものはたくさん思いつくかもしれません。しかし、それを考え出すと

「あ〜やっぱりなかなか人生って変わらないよね。現状、特にそこまでの不満があるってことでもないし、まあ、いっか〜」

一瞬にして諦めモードになりがちです。でも、少し考え方を変えてみると諦めてしまうようなことではないということに気がつきます。

ある一つのことさえ変えてしまえば、波及的に、そして雪だるま式に、様々な変化を生み出し、やがては人生までも変えてしまうのです。

はい。それはジェイムズ先生の名言の中に入っている言葉でもある

習慣

です。

心が変われば・・・だがしかし

ジェイムズ先生の考えによると「心が変われば・・・人生が変わる」ということですが、実際のところ、そうそう人間の心が変わることはない、また変わるとしてもそれはかなりの時間がかかったり、かなり困難なことだと思うのです。

一時的に心が動かされるようなことがあったとしても、「心が変わる」状態までいくことは難しいように思います。相当な何か大きな出来事が起こることがないと心が一気に変わることはないわけです。

みなさんもお分かりの通り、人生に変化をもたらすための一番最初のプロセス「心が変わる」ことが最も難しいのです。

では、そこで考えるべきことは何か。それは

「何が一番変えやすいのか?そして、変えた結果どれくらいの影響力があるのか?」

ということではないかと思うのです。

変えやすく、影響力があるのは習慣

では最も変えやすそうなものは?

態度か?それとも行動か?習慣か?人格か?運命か?

態度も、人格も、運命も抽象的で、目に見えずらく、なかなか変えようといっても変えずらいものがあります。

では行動か?習慣か?

この2つについては、いずれも具体的に変えていくことができそうです。では、次にどちらの方が「人生を変える」インパクトを持つのかを考えていきましょう。

まず、よくよく毎日の自分の生活を振り返ってみてください。人によって個人差があるとは思いますが、毎日同じように繰り返していることがどれほど多いことかを。

歯を磨き、ご飯を食べ、自動車に乗り、通勤中に音楽を流し、会社に到着したら掃除して、その後はコーヒーを飲んで、今日のやることリストを確認して・・・

といった具合に日々の行動の多くは繰り返し。つまり習慣でできているということに気がつくわけです。簡単に言うと、無意識にやっていることは習慣と言えるのかもしれません。

一つ一つの行動を変えようと考えるよりも、毎日のルーティン、つまり習慣を変えてしまったほうが人生に大きな変化を起こせるはずです。

まずは日々ほとんど無意識に行っている習慣を書き出してみてください。そして、自分の理想とする人生を送るために、「必要な習慣は何か?」を考えて、取り入れ、逆に「不必要な習慣は何か?」を考えて、排除いくことをすればいいのです。

習慣を変えるコツ

とは言っても「なかなか習慣を変えることも難しいだろう。」

という声が聞こえてきそうなので、習慣を変えるコツを簡単にお伝えしておこうと思います。

それは、

強制的に環境を変えてしまう

ことだと思います。

例えば、人生を変えるために「もっと読書する時間を習慣として取り入れたい。」

という話があったとしましょう。

では、どうするのか?例えば私が思い浮かぶのは、以下の通りです。

・ダラダラ見てしまうテレビを廃棄する
・電子書籍を購入して、隙間時間で読めるように持ち運ぶ
・読みたいと思っていた本をまとめて10冊くらい購入する
・スマホのアプリ(ゲームなどのなくても困らないもの)を削除する
・朝、起きる時間を早くして30分朝読書の時間をとる(一人でできないなら友達と読書会を開く)

こんな感じで、自分が取り入れたいと考える習慣を身につけるための環境を半ば強制的につくってしまうことが新しい習慣をゲットするコツです。

逆に悪い習慣を排除する際の考え方も同じです。

習慣が変わると

習慣が変わるとどうなるのか?

まず結論から言うと、習慣が変わると当然ながら「行動」が変わります。さらに、「態度」が変わり、「心」までもが変わっていきます。ジェイムズの逆のプロセスをたどります
そして、ジェイムズの言葉通り、「人格」も少しずつ変化し、「運命」が変わって、「人生」が最後には変わってしまいます。

では、次に私のケースを少し紹介しましょう。

私の場合は・・・

私は1年前くらいに「できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !」という本を読みました(タイトルのインパクトにやられました笑)。

そしてこの本に強い影響を受けて、1日2食の生活を始めました(1日1食は仕事柄、体を動かすことが多いため控えました。)すると、みるみるうちに体重は落ちていき、体力的に人生のピークだと思っていた高校時代の体重と同じになりました。すると体が非常に軽くなり、高校時代の体を動かす感覚を思い出すようになりました。それからは筋トレをするようになったり、食事の内容にもより気を遣うようになったりしました。そして、もう一度バレーボール選手として現役復帰してみたいという考えが生まれ、最終的にはドイツのブンデスリーガ(バレーボールのリーグ)に挑戦しようという考えに至りました。そして、一人ドイツに渡ったのです。その後は予測していなかった様々なことが起こり、現在は北海道の地で地域おこしとバレーボールに関わる仕事をしています。

何があったのかご興味のある方はこちらをお読みください:プロフィール

こうして、私は「1日2食」という新しい習慣を取り入れたことで、全くもって想像もしていなかった人生を歩んでいます(1日2食を推奨しているわけではない)。

また、もっと遡ってみると「読書をする習慣」がなければ、「できる男は超少食」という1冊の本に出会っていなかったとも言えます。

このように、習慣が人生を変えることは既に私が実証済みです。

習慣は良くも悪くも人生を変えてしまう

習慣は人生に多大な影響を与える強力なツールです。

喫煙習慣を持つ人は・・・

過食の習慣を持つ人は・・・

人の悪口を言う習慣を持つ人は・・・

読書習慣を持つ人は・・・

運動習慣を持つ人は・・・

人に感謝の気持ちを持つ習慣を持つ人は・・・

「・・・」の先はご想像にお任せしますが、どの習慣も人生に多大な影響を与えるものの一例と言えるでしょう。

日々の習慣に対して、無意識になることなく意識的になること。

そして、日々の生活の中にある習慣を常に見直しながら更新・継続していくこと。

こうした普段の、不断の、努力を続けていくことができれば、人生は好転する以外にはあり得ないと思うのです。

最後に習慣について書かれたオススメの本を紹介しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました