レビューにSNSアカウントを紐付けすると?信用は生まれるか?

私自身、アマゾンのヘビーユーザーでアマゾンプライム会員にもなっていますが、初心者のときにレビューの評価だけを判断材料として商品を購入した結果、大変痛い目にあったことがあります。

レビューの信憑性やいかに!

レビューの信憑性

紹介している記事からも、私の過去の経験からも盲目的にレビュー情報を信じて、購買活動をすべきではないということは現時点で確信を持って断言できます。

私は数百円のお金を支払うにしても、購買活動をするときは必ずその商品やサービスの情報を複数取得します。
その際、販売者側の説明はもちろんですが、実際にそのモノやサービスを購買した人の「レビュー」にも目を光らせるようにしています。

しかし、これまでの購買経験を振り返ってみて思うのは「レビュー」の中には善意のものから、悪意あるもの、様々あるということです。

きちんと自分なりのスクリーニング方法を確立せずに、すべてのレビューを信じていてはダメだということです。

ただ、逆に言えば精度の高いスクリーニング方法を確立していれば満足のいく購買活動をすることができます。

どうすれば精度の高いスクリーニングをすることができるのでしょうか。

レビューと口コミの違い

さてツイッターのつぶやき内でも、「レビューは言わば口コミ」と書きましたが、誤解のないようもう少し丁寧に説明しておきます。

「レビューはネット上の口コミ」である。

「ネット上の」という点がポイントです。

口コミと言葉の持つ意味は、書いて字のごとく口頭によるコミュニケーション。顔と顔が見えるコミュニケーション。

そこには前提として信用があります。そして自分自身が信用する人の情報は、自分にとって信憑性のある情報である可能性は高いと考えられます。
また、口コミをする側からしても、「いい加減な情報」や「嘘の情報」を自分の周りにいる人に対して提供するは自身の信用を失うことに繋がるため、慎重に有益な情報を提供しようとします。

しかし、これに対しレビューは多くの場合、「匿名」であることが多いのが現状です。
そのため、レビューを書き込む側に、信用を失いたくないという意識は「口コミ」と比較して生まれにくいでしょう。また、レビューを読む側の人は、現状では書いた人がどんな人なのかを知るよしもないでしょう。性別や年齢ですら分からないことがほどんどです。

このように比較して考えてみると、レビューと口コミは似て非なるものとも言えるでしょう。

レビューが口コミに近づくために

では、レビューの持つ価値が口コミと同等もしくはそれ以上の価値を持てるようになるにはどうすれば良いでしょうか。

私の考えはSNSを活用するというものです。

それは至ってシンプル。

レビューにSNSアカウントを紐付ける

たったこれだけのことです。これだけでレビューの信憑性をかなり正確に判断することができるようになると思います。こうすることで、誰でも気軽にレビューの信憑性をSNSアカウントから判断できるようになり、結果として信憑性の低いレビューは自然淘汰されていくように思います。

以下、参考までにツイッターとフェイスブックのアカウントの信用度を図るための指標案を列挙しておきます。

●ツイッター
・顔出ししているか
・実名であるか
・「フォロワーの数ーフォロー数」はどれくらいか※多ければ多いほど良い。
・どの程度の数、ツイートがあるか
・ツイートの内容
・フォロワーがどんな人なのか
・どんな人をフォローしているのか

●フェイスブック
・顔出ししているか
・ある程度の個人情報が記載されているのか(年齢や性別など)
・経歴が細かく記載されているのか
・誰と友達になっているのか
・どの程度の数、投稿があるか
・投稿の内容

このように自分なりにSNSアカウントの信用性を図る指標を設定して、レビューする人の信用度を図ることができると思います。

私は、レビューにSNSのアカウントを紐付けることが一般的になるのもそう遠くない未来だと私は勝手に妄想しています。そして、もしこれが一般的になっていけば・・・とドキドキしながら、そんな未来を楽しみにしています。

物理的距離を超えて信用を生む

インターネットがない時代であれば、物理的に顔を合わせて、話をしていく中で信用が生まれるというのが一般的であったと思います。これはこれからどんな世の中になっていくとしても変わらないことだと思います。

ただ、これだけでは世の中に生まれる「信用」の数は限定的だと思います。

今では、個人がかなり低コストでインターネットを利用でき、無料でSNSを利用して情報発信ができます。

そんな時代が既にやってきています。

インターネットがなかった、一般化していなかった時代では、物理的に会うことが難しかった人に「信用」してもらうといったことは現実的ではなかったように思います。

しかし、SNSなどを通じて情報発信していくことで、世の中に新たな「信用」を生み出し、これまで出会ったこともない人から「信用」を獲得することが可能な世の中になっています。

そして、そうして新しく生まれた「信用」を元にしてますます世の中は豊かになっていくのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました