「賃貸?持ち家?」論争

賃貸?それとも持ち家?

この論争は今に始まったことではないでしょう。
様々なところでこうした議論は活発に行われており、多くの人が人生の中で直面する問題とも言えます。

その人の住む地域や経済状況など様々な環境要因によっても、その答えは違ってくるとも言えます。

上記ツイッター上で紹介している記事中にその正解ともなるのでは? と思える一文がありました。

ここに引用します。

「大事なことは、賃貸でも持ち家でもなんでもいいんです。老後にちゃんと、快適な家を確保するってことなんです。それが必ずしも持ち家ではないということなんです」

これがこの論争の答えだと私は思いました。

つまり、自分が将来に渡って快適に生活できる家を確保できそうな選択肢を選ぶのが重要だということです。

そのためにはやはり、両者のメリット・デメリットをまずは洗い出す必要があると思います。

それぞれのメリット・デメリットを考える

それでは、賃貸と持ち家。

両者のメリット・デメリットについてまとめていきます。

賃貸のメリット
・手軽に引っ越しができる(ライフスタイルにあわせて柔軟に変更可能)
・修繕費用がかからない
・借金(住宅ローン)を負う必要がない

賃貸のデメリット
・年金生活に入ってからも家賃がかかる
・自由にリフォームなどできない

持ち家のメリット
・自由にリフォームなどができる
・住宅ローンを支払い終えたら家賃がかからない
・将来的に資産になり得る

持ち家のデメリット
・固定資産税などがかかり続ける
・借金(住宅ローン)を長期に渡って負うことになる(ことが多い)
・将来的に負債になり得る
・引っ越しすることが困難

さて、こうして両者のメリットとデメリットを洗い出したところで、次に考えるべきことはなんでしょうか?

自分の理想とするライフスタイル

自分が理想としているライフスタイルは?人生設計は?

このように考えていく必要があると思います。

自分(家族を含め)の人生設計を考えた上で、賃貸と持ち家のどちらが自分にとってハッピーそうか?を考えてみることが大切です。

こうして考えていくと、どちらが自分にとっての正解なのかがわかってくるように思います。

例えば、

自分は一生涯、自分の愛する地元に根を張り、地元企業で勤め上げるつもりだ。

という人がいたとしましょう。

おそらくこの人にとっての選択肢としての正解は「持ち家」なのかもしれません。

これに対して、

自分はまだまだ色んなことにチャレンジしたい。海外生活もしてみたいし、田舎暮らしもしてみたい。仕事も色んな業界に興味があって今後転職することも考えている。

という人がいたとしましょう。

おそらくこの人にとっての正解は「賃貸」なのかもしれません。

自分だけの最適解を

賃貸?持ち家?論争の結論。

結局は、自分にとっての最適解を導き出すこと。

これに尽きると思います。

そのための大事なプロセスが、両者のメリット・デメリットを洗い出して、自分の理想とするライフスタイルと突き合わせてみることです。

そして、自分にとって幸せな人生を送るための住環境を得るにはどうするか?という目的を忘れないことが重要です。

思考停止して、周りの友人が家を買い始めたから買おう。というのはまずいということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました