「モノ」に感情を持たず。「モノ」には機能を求めよう。

最近の私の趣味は「モノ」を減らすこと。

以前のブログで「ミニマリスト」について私の考えを書いたが、最小限のモノしか所有しない生活を目指して、日々精進している(笑)

ブログ記事:ミニマムはマキシム

元々、私の所有欲は強いほうだと思う。子どもの頃からお菓子を買うときは、おもちゃ付きのものを好んだし、友達からもらったおみやげのキーホルダーや、お菓子の空箱などをため込んでみたりと、なにかとモノを所有することを好んでいたように思う。

さらに長年、所有したモノには「多くの思い出」を詰め込み、どんどん捨てることができなくなっていったように記憶している。自分でもよく覚えているのは、バレーボールの試合で使用した使用済みテーピングを数年間、所有していたことだ。今思うとただ一言。「汚い…」

しかし、ミニマリストという言葉に出会い、洗いざらいといっても良いほどにいらないものを断捨離した。断捨離をしたことがある人は分かると思うのだが、必ずといっていいほどモノを捨てるときには「過去の感情」に想いを馳せてしまうのである。

「あ~これは、妻と結婚する前に選んでもらった服だな~。」といった具合である。そして捨てるかどうか迷うのである。初めのうちは、なかなか捨てられないのだがだんだんスっと捨てることができるようになる。こうしているうちに不思議と違う考えが生まれてきた。それは、こうだ。

「そのモノがないと思い出せないような記憶や感情であれば消えてしまえばいい。」

当たり前だけれど、「モノ」はあくまで「モノ」だと考えられるようになった。それ以上でもそれ以下でもない。「モノ」に対して感情を使わないことが大事だと考えるようになってきた。そして、その「モノ」の機能に注視すべきだと思うようになった。

モノに「感情」を持ってしまった例を紹介しよう。

「見栄」という感情だ。「見栄」とはお金持ちに見られたい。綺麗に見られたい。といったものが代表的だろう。こうした願望から高級紳士靴を買い求めるにはよろしくないと考えた。こうして所有することになった「モノ」にはそこにどうしても「見栄の感情」が宿る。

次に、モノに「機能」を追求した例を紹介しよう。

取引先に信頼してもらいたい。という考えから高級紳士靴を所有するといった例である。この場合、上記の「見栄の感情」の例にあったように行動ベースでは全く同じだが、取引先に信頼してもらうという「機能」に注視して購入している。

上記の二つの例は、「行動」は同じだが、まったくもって「動機」が違っている。

「機能」を追及してモノを所有するようになると、自然と無駄な購買活動やモノへの執着(物欲)は減退していく。考え方が変わると大きく行動が変わってくるのだ(まさに、私のブログタイトルでもある”思考は現実化する”である(笑))

モノに感情を抱く時間があるなら、その「感情」を人に使おう。そして、今一度、自分の持ち物はあなたにとって本当に「機能的」かチェックしてみよう。「機能的」でなければ、捨ててしまおう!!

「モノ」に感情を持たず。「モノ」には機能を求めよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました