時給や日給。サラにいうとサラリーという概念がなくなる日が…

「時給1050円!?えっそれめっちゃいいやん。仕事も楽そうやし!」

大学時代に、こんな会話をしていた記憶がある。ちなみに私は某コンビニエンスストアで、750円くらいで働いていた。どうせ働くなら、もう少し高いところでバイトすればよかったかもしれないな~。ぼくは「時給」で様々な労働を経験した。

また、時給よりももう少し長いスパンの労働に対して支払われる「日給」という給与支払方法がある。これは、音楽フェスなどのアルバイトなどが一般的だろうか。

こうして、僕は「時給」や「日給」という給与支払の形に慣れたところで、晴れて就職した。当時、リーマンショックが起きた時期で「正社員としての就職は絶対条件」といった風潮があったように思う。そして、無事「正社員」として就職が決まった。「月給○○万円」という形式で給料が支払われることにはなんの疑問も持たなかった。

こうして雇用されている間に、「自分の時間と引き換えに生活の糧をもらう」といった常識に慣れていった。

しかし、今一度考えてみよう。被雇用者として働いた人が一度は感じたことのある心の声をここに記してみよう。

「あの人、仕事してないのに自分より給与たくさんもらってる。。」

まず間違いなく、この感情を誰もが抱いたことはあると思う。さて、この感情が湧いてくるのはあなたが意地悪い人だというわけではなく、「あの人」が悪いのでもない。その給与の支払い方がまずいのではないだろうか。

時給。日給。月給。…そうである!雇用される限りは、「自分の労働時間をお金と交換している」のである。仕事の成果とはほぼ無関係に。(もちろん、完全にはそうでない企業や組織があることは承知しているが、話を分かりやすくする上でこのように書いている)

そして、年月が経つにつれ、被雇用者のスキルは緩やかな比例グラフのように向上していくと想定され、賃金はゆるやかに向上していく(もちろん、企業・組織によって個体差があることは分かっている)しかし、人間のスキルというのは、数学の授業で使用される綺麗なグラフのようには伸びていかない。やる気に満ち溢れ、圧倒的に成長している時期があれば、そうでない時期もあるし、体調を崩して十分に働けないといったこともあるかもしれない。

何が言いたいのだ雜賀は?つまりこう言いたい。

「労働時間とお金を交換するという仕組みにはちょっと無理があるのじゃないだろうか?」

ということである。こういうことを言うと、たくさんの反論をいただくことは容易に想像できる。

「お金がすべてではない。社会に役に立てることが重要だ。」

「正社員として雇われていれば、先々の生活は安心。たくさんのお金よりも先々の保証が大事だ。」

こうした意見も非常によく理解できる。しかし、一個人の意見としては、真剣に取り組んだ自分の仕事の成果を正当に評価してほしいし、それに対する報酬はきちんと受け取りたいと心から思うのだ。また、同時に一定時間働いたということに対して何の成果も出していないのに報酬を受け取るということに対しても抵抗感がある。

組織がデカくなればたくさんの人が必要で、システムも必要になる。「労働時間に対してお金を支払う」というものも一つのシステムである。このシステムが有効なのは、工場労働等の誰がやっても成果に差がでない場合等である。しかし、こうした単純労働は機械がやってくれる(ようになってきている)。

「AIによって人間は仕事を奪われる」というフレーズを誰もが口にするようになった今、最終的に残る人間の仕事は「労働時間とその成果が比例しないもの」だと思う。だからこそ、もう少し近い未来、「サラリー」という言葉は消滅するかもしれないと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました