時間をどんなスタンスで使えるか(want,try vs should,must)

「時間は大切ですか?」

と質問されると、おそらく100人いれば99人は、「YES!」と自信を持って答えると思う。私も99人の内の一人である。

年を重ね、日々を漠然と生きていると「初体験」と呼ばれるものは少なくなり、同じことの繰り返し(そうではないが)だと脳みそが認知してしまう。その結果、多くの時間を「なんとなく」過ごしてしまいがちである。

金曜日が近づいてくると、「休みだ!あと少し頑張ろう。」と時間が過ぎることを祈りながら、その場その場を過ごしている(時間を消費している)自分に気がつく。時間が大切だと分かっているようで、分かっていないのである。

 

私には、もうすぐで2歳になる息子がいる。彼は朝起きた瞬間からパワー全開。自分のしたいことをする。まず大好きなボールを「ボー。ボー。」と連呼しながらボールを探して投げ回る。そんな彼は最高に楽しそうである。朝起きたときのテンションとはとても思えない。人生を謳歌しているように見えてうらやましい気持ちになる。

彼は、時間が大切だ。とか人生は有限である。とか理解していないはずだ。でも時間をめちゃくちゃ大切にして一瞬一瞬を精一杯生きている。めちゃくちゃ笑うし、めちゃくちゃ泣く。

 

果たして彼が特別なのだろうか。いや、違う。彼が特別なわけではなくて、みんな子どもの頃はこんな感じだったのだと思う。みんな当たり前にこんな時期があったはずだ。

そこで、彼と僕の違いはなんだろうか。考えてみたけれど、一言で言うなら「自分に対する正直さ」のレベルが違うのかなと思った。

彼の思考は超シンプル。「したい。やってみよう。」

僕の思考は面倒臭く、複雑。「しなければならない。すべきである。こうあるべき。」

といったもの。30年の歳月とともに、様々なことを知り、経験する中で自分に対する正直さが鈍ったようである。(これは単純に悪いことでないとも思っている)実際問題として、僕には様々な義務があると思う。だから、上記のように考えることも仕方ない部分はあると思う。

でも、「やってみよう」の比率を高めていくことで、息子の発揮する笑顔とか泣き顔に近づけるのではないかとも思っている。

正しいかどうか考える前にやってみようっ

自分の中心を意識して、「それ」に従ってみようっ

うまくいくかどうか考えずにやってみようっ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました