あなたの「価値」は「操作」されていないか?

「価値」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。

人によってそれは様々だと思う。私が「価値」という言葉を聞いて思い出すのは、何かCMで言ってたワンフレーズである。

「お金で買えない価値がある。プライスレス。」

確か、クレジットカード会社のものだったと思うがなかなかうまいこと言ったものだ。

 

さて、この記事を書こうと思ったきっかけは度々話題になっている「仮想通貨」を始めてみて気が付いたことがあったからである。

「仮想通貨」と聞いて、真先に「怪しい」と感じた人は結構いるのではないだろうか。この言葉を初めて聴いてから一年以上が過ぎ、ようやくグーグル先生に質問することで「怪しいもの」というイメージが一転した。

「仮想通貨」という言葉だけで「怪しい」と自分を洗脳するのはまさに思考停止としか言いようがないと思う。人は未知のものにはとにかく、「恐怖」を覚えるよう遺伝子レベルで設定されている。だから、そこを乗り越えることが大事になってくる。原始時代の人間が新しく出会うものに恐怖を持つのは理解できる。しかし、これだけ先人が学び、蓄積してきた情報に誰もが簡単に無料アクセスできる今の時代に、「怪しい→近づかない」というのは本当に原始時代に逆行しているとしか言いようがないと思う。

 

さて、少し話がそれてしまった感があるが、これは私の思考のクセとも言えるのでそこはご愛嬌ということで話を「価値」に戻していこう。

私が仮想通貨を調べていく中で衝撃的だったのが、超基本情報である

「通貨の発行者(管理者)がいない。通貨の発行上限が定められている。」

ということである。これがどういうことかは、法定通貨と比較してみると非常に分かりやすいい。例えば、日本円で考えてみよう。

日本の法定通貨である「円」の発行者(管理者)は日本銀行。日銀が発行しようと思ったらいくらでも発行できる。例えば、日銀が大量に「円」は発行したらお金の価値は下がる(インフレ)。つまり、第三者によってお金の価値が「操作」されることが前提にあるのが法定通貨である。

これに対して、仮想通貨はコンピューターが自動的に通貨を発行し、発行上限額が予め決まっている。つまり、「価値」を管理者によって「操作」されるリスクがない。

この仮想通貨に関する超基本知識を得た私は相当な衝撃を受けた。そもそも、お金に関するリテラシーの低い私からすると「日本円」は絶対的に価値があるし、これから先もずっと貯金していれば価値を保存できると漠然と思っていたのだ。少し、考えれば分かるのだがそんなはずはない。

こうして仮想通貨に衝撃を受けたことをきっかけに、様々な物やサービス、もっと言うとありとあらゆるものの「価値」に対して疑いを持つようになってしまった(ネガティブではなく!)

ブランド品を例に出してみよう。私は、比較的ブランド物に弱い人間だと思っている。(かといってブランド品をたくさん所有したいとは思っていない)同じような見た目で、同じような機能を持っているようなものでも、ブランド品になると10倍、20倍と値段が上がることはよくある。このことは、「価値」について考える上で分かりやすい事例だと思う。

言い方は悪いかもしれないが、ブランド品というのはそれを販売する側の人間によって「操作」されているのである。それは、様々なマーケティングであったり、販売員の商品説明であり、パッケージであったりするわけである。そうした幾多の「操作」によってブランド好きな人たちは、その「価値」を信じて、購入するわけである(私も含まれているのだろう…)。

 

ダラダラと長々と書いてしまったが一気に結論に向かおう。

「仮想通貨」のくだりから、「ブランド物」の話を通して伝えたかったことは、以下の通りだ。

実社会の中で私たちは、常にあらゆるものに価値判断を下している(ように見える)。しかし、私達が日々使っている「日本円」でさえも日本銀行によって操作されている。日々、あたかも自分で価値判断しているようだが、実は多くの場合、他者によって「価値」を操作されているのだ。

 

だから、意識的に人に操作された「価値」を今一度、スルーしてみよう。そして、自分にとって本当に「価値」があるのかを考えてみよう。

これは口で言うのは簡単だけれども、実際やるのは難しい。それは既に自分自身の「価値」だと思っていることさえもすでに「操作済み」の価値であることが多いためである。

 

今日の話はモノを購入するといった表面的な話ではない。

有限なる時間を誰と過ごすのか。何をするのか。

もっと人生に関わる大きな話だ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました