SNSのある効能に気が付いた。

4年前くらいは毎日SNSで友人の投稿をつらつらと見ながら、

「あ~充実した毎日を送っているな~。いいな~。」

と一言で言うと「嫉妬心」を抱いていたのを鮮明に覚えている。そして、当時いろんな意味で余裕がなくて自分はもしかして不幸なのではないか。などと考えてしまい、夜も眠れなくなるようなことがあったと記憶している。

転職を境にSNSとは無縁の生活になると、遠方にいる友人や知人の近況など、全然入ってこないのでそんな「嫉妬心」を持つこともなくなった。

そのときに思ったのは、SNSでの投稿は基本的に人生の美化された部分(すべてではないが多くがという意味で)ばかりなのではないかということである。自分もSNSでこれまで様々な投稿をしてきたが(今後もしていこうと思うが)、基本的に自分をよく見せようとしているようなものが多い気がしている。少なくとも、だめな自分をさらすために投稿しようという人間はかなり少数だと思う(でもそんな投稿が自然にできると面白いかもしれないとも思う。してみようかな…)

つまり、他人のうまく編集された人生の断片を見て、自分と比較して勝手に不幸な気持ちになっているということだ(歪んだ見方をしているという人もいると思うが…)

しかし、このことを勘定したとしてもやはり、何かしらの「嫉妬心」を発揮してしまうのだ…

実は今日、久々にSNSで友人や知人の投稿などを見て、近況を知ることができた。うれしく感じることがある一方で、少々の「嫉妬心」みたいなものがゼロではない(そんなとき、自分ってほんと小さい人間だなと思う…)

そこで、どうして自分は「嫉妬心」みたいなしょぼい感情を、しかも友人などに抱いてしまうのかを真剣に考えてみた。なぜなぜなぜ。自問自答すること。30分くらい。それだけっ?と思うかもしれないが一人で「自分はなぜ人に嫉妬心を抱くのか?」と突き詰めて考えるのはつらいものがあるのだ。

そこで得た今日の私の答えは、

「今の自分に本当に満足していない」

ということだ。私には妻がいて息子がいて、みんな健康に楽しく日々を過ごしている。はっきり言って幸せだ。家族で過ごす時間は格別である。しかし、他者に対して「嫉妬心」を抱くということは、自分の人生の中に足りないものがあると感じているのだと結論づけた。

「あるものに目を向けて幸せを感じなさい。」と自己啓発の本に書いているのはこれまで飽きるほど見てきたし、それは間違いではないと思う。でも、現状に満足してしまうとそれ以上の発展はあり得ないとも思う。

つらつらと書いてきたが「SNSの効能は?」という結論は、

①友人・知人のSNS投稿を閲覧

➁「嫉妬心」が生まれる

③「嫉妬心」の中身を掘り下げる

④自分の人生に欠けていると感じている「何か」に気が付くことができる

これが今日のところの結論だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました