プレーヤーズ・ファーストな環境創りとアスリート・センタードなコーチングを目指して

プレーヤーズ・ファーストという環境。

そして、

アスリート・センタード・コーチング。

本記事ではこの2つの言葉の意味を紐解いていく過程で、コーチとしてプレーヤーのためにどんな環境を創り出し、どんなコーチングを目指していけばいいのかを考えていくきっかけづくりができればと思っています。

プレーヤーズ・ファーストな環境

近年、スポーツ界の不祥事が起こる度に、出てくるキーワードといった印象の強い”プレーヤーズ・ファースト” という言葉。日本語一言でいうと「選手第一主義」といったところでしょうか。

なんとなく言葉の意味するところは分かりますが、もう少し詳しくみていきたいと思います。

色々なところで、”プレーヤーズ・ファースト” という言葉を聞くことがあるかと思いますが、この言葉について詳しく分かりやすく解説されていると感じた文章がありましたのでここに紹介したいと思います。

JFA(日本サッカー協会)HPからの引用となります。

JFAのHPは内容がとても充実しており、特に育成に関するコンテンツの量には圧倒されます。下記で紹介する文章は “グラスルーツ(草の根)” のページに掲載されていたものです。文章中に「子どもたち」と出てくる部分を「プレーヤーズ」と考えて読んでもらえれば、分かりやすいかと思います。

ゲームは子どもたちの育成に大きな影響を与えます。関わるさまざまな分野の大人の連携により、一人ひとりの子どもたちに最も適したゲーム環境を追求していくことが重要です。

育成年代のサッカー環境に関わる大人、すなわち指導者、審判、大会の形式、保護者・サポーターが力を合わせて、さまざまな困難にも、 子どもたちにとって何が一番良いのか、という観点で判断し、解決に向けて努力していきたいと考えます。

JFA(日本サッカー協会) HPより

こうして、文章を読んでみると”プレーヤーズ・ファースト” という言葉はプレーヤーを取り巻くありとあらゆる環境すべてのことを指していると分かります。

指導者や審判、保護者といった人的な環境(ソフト面)だけに留まらず、大会の形式といった環境(ハード面)までも包括した俯瞰的視点から見たすべての「環境」をプレーヤーにとって最適化するという考えだと思います。

このようにプレーヤーをとりまくすべての環境を整えていくという意味では、プレーヤーに関わる一個人の意識を変えるというだけでは不十分であり、スポーツ界全体、さらには該当するスポーツ競技界におけるあらゆるシステムやルールまでをプレーヤーにとって最適化された状態にしていくんだという強い意志と考えを持つ必要があると言えます。

また、引用箇所を読んでの個人的な感想ですが『子どもたちにとって何が一番良いのか、という観点で判断し』の部分については、この内容に同意すると同時に、その「観点」をつくるが最も難しい行為であり、かつとても意義深いことだと感じました。

「子どもたち(プレーヤーズ)にとって何が一番良いか?」という問いに対する一つの普遍的な解答は存在しないため、常に考え・学び続けることが重要だと思います。

アスリート・センタードなコーチング

ここからはアスリート・センタードなコーチングについて考えていきたいと思いますが、まずはコーチはプレーヤーにとってどのような存在なのかを考えてみます。

コーチはプレーヤーの環境に大きな影響を与えうる存在である

まず、コーチという存在ですが、コーチはプレーヤーズ・ファーストな環境を創っていく上でとても大きな役割に担っていると思います。プレーヤーと多くの時間を共にするコーチ。その過程において、コーチがプレーヤーに与える影響の大きさは計り知れません。

また、コーチは自分自身のプレーヤーへの直接的な関わりの影響が大きいというだけなく、プレーヤーを取り巻く環境(練習時間・内容・チームの雰囲気づくり・チームコンセプト・意思決定方法など)創りに対しても極めて大きな影響を与えているということを自覚しなければなりません。

こうした意味において、コーチはプレーヤーズ・ファーストな環境創りを中心となって行う自覚と実際の環境マネジメントをする能力を身につけていく必要があると言えるでしょう。

さて、少し前置きが長くなりましたが、アリスート・センタードなコーチングについて詳しく見ていきたいと思います。

アスリート・センタード・コーチングを考察してみる

アスリート・センタード・コーチングという概念が提唱されてから日本ではまだ歴史が浅いという事実があります。そこで、ここからはその提唱者でもある日本体育大学 児童スポーツ教育学部 伊藤 雅充(いとう・まさみつ)准教授へのコーチングに関する取材記事(コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。 ~指導者のあるべき姿とは~)を一部抜粋・紹介しながら、アスリート・センタード・コーチングについて考えていきたいと思います。

取材の中で、まず「アスリート・センタード・コーチングとは何か?」という質問に対して、次のように回答しています。

常にアスリートを中心に置いたコーチングであり、コーチは教えることへの情熱を持っていることが求められる。

コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。 ~指導者のあるべき姿とは~

そして、「アスリート・センタード・コーチングの本質とは何か?」という質問に対しては次のように答えています。

それは〈学び〉を理解することだと伊藤氏は言う。これを理解していなければ、教えることへの情熱は空回りしかねない。 

「私たちは〈教える〉ということの本当の意味をけっこう履き違えているんです。教えるという行為は、相手がいい方向に学んでいったときに初めて教えたと言えるのであって、例えば教師が黒板に大事なところを書いて解説しても、子どもたちが理解していなければ教えたとは言えません。

コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。 ~指導者のあるべき姿とは~

ここで言っているのはつまりこうだと思います。

プレーヤーが実際に何か新しいものを学び、理解し、良い方向に進んだという結果がワンセットになって初めて「アスリート・センタード・コーチング」だったと言えるということです。

一方的に知識を伝えて終わり。プレーヤーが学び、理解するプロセスをすっ飛ばし、反復ドリルをひたすら繰り返し、パターンにプレーヤーをはめ込む。教えたつもりになって、プレーヤーに良い方向に進まないからといってその責任をプレーヤーに転嫁する。コーチのエゴを満たすためにプレーヤーの成長よりも一時的な試合での勝利を優先する。

こうした類の行為は、アスリート・センタード・コーチングとは呼べません。

そして、さらにアリスート・センタード・コーチングは、コーチがどうありたいのか?どうあるべきなのか?を考えるものであるとも言っています。

コーチングとは結局、誰かを変えるテクニックやスキルではなくて、実はコーチ自身がどういう人間になりたいのかを考える学問なのだ。コーチが変われば選手も変わる。そこに気付けばコーチの心の持ちようも大きく変わる。

コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。 ~指導者のあるべき姿とは~

記事中にある『コーチが変われば、選手が変わる』という感覚や意識をコーチ自身がもてるのか?

どうやるべきか?ではなくコーチ自身がどうあるべきか?に意識を向けることが重要だと言っています。

そして、取材の終盤では最後のコーチにならないでほしいという強烈かつシンプルなメッセージを語られています。

「スポーツで人は不幸になってはいけない。これは私の信念です。ハッピースポーツですね!スポーツは何のためにやるのか。もちろん楽しいからであり、ハッピーな人生を送るためです。わざわざ不幸せになろうと思ってスポーツをする人はいません。しかし残念なことにスポーツから離れていく人が現実には多くいます。ジュニア時代、国際レベルの選手だったのに、その後、競技を離れた選手を追跡調査すると、その原因はほぼコーチにありました。子どもたちのために、選手たちのためにと思っていたはずのコーチが、いつの間にか真逆のことをやっている。コーチもアスリートの一人です。アスリートであれば当然、自分を向上するというところ、優れたコーチングとは何かというところに興味を持ってスポーツを運営してもらいたいと思います」 

コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。 ~指導者のあるべき姿とは~

スポーツの語源を辿れば、スポーツは気晴らしであり、楽しいもの。すなわち、人生を豊かに幸せにするものであるというのは当然のことです。しかし、上記の引用部にもあるようにスポーツを通じて不幸になっている人がどれほど多いのか?

しかも、その原因の多くが本来スポーツの楽しさを伝え、プレーヤーの幸せを一番に考えなければならないはずのコーチであるという現実にも目を向けなければなりません。

記事を読みながら、私自身スポーツコーチとして日々自分のコーチングを内省し、学び続けなければならないのだということを改めて強く意識しました。

プレーヤーズ・ファーストな環境創りとアスリート・センタードなコーチングを目指して

今回、本記事を書きながら考えたこと。それは、コーチの仕事は大きく2つあるのではないかということです。

1. プレーヤーズ・ファーストな環境創りに主体的・積極的に関わること。

2. アスリート・センタードなコーチングを日々実践していくこと。

コーチのプレーヤーに対する責任の大きさは計り知れないものがあります。

大きな責任が伴うコーチの仕事ですが、良い意味で終わりのない価値あるものだと思います。

最後に最近私が知ったコーチングの本質を絶妙の言葉選びで言い表したフレーズを紹介して、本記事を締めくくりたいと思います。

『コーチングとは混沌の中で行われる構造的な即興である

コメント

タイトルとURLをコピーしました