想定しない

この1ヶ月くらいの間に自分ではまったく想定していなかったことが起こりました。

こういうのを人生の転機というのかもしれません。

想定外に人はどう反応するのか

自分に起こるとは決して起こることがないと思っていたことが起こったとき。

人はどのように反応するのでしょうか。

今回の私の反応プロセスを一つずつ振り返ってみました。

すると次のようなプロセスを経ているように気がつきました。

1.現実として受け入れることができずに困惑する

ちょうどその時に書いたブログがこちら:生きている意味なんてない

2.現実として受け入れるために、その出来事がなぜ起こったのか、自分が納得できる意味を考える

ちょうどその時に書いたブログがこちら:家族

3.自分が行った意味付けのもとで行動する

ちょうどその時に書いたブログがこちら:コントロールできることに心を向ける

想定外は起こる

今回の出来事を通じて強く思ったのは、想定外のことは自分の人生の中で必ず起こるということです。

ネガティブなこともポジティブなことも自分の想定の範囲を超えて起こります。

なぜなら、想定の範囲は自分の経験(過去)を脱することはあり得ないからです。

ですから当然、未来において想定外は必ず起こります。

今回の出来事から、至極当たり前なことに気がつかされました。

そもそも想定すらしない

では、今後の人生で私に想定外のことが起こったときにどうすれば適切な対処をしていけるだろうかと考えてみました。

そして、あれやこれやと考えてみるとふと答えが出てきました。

それは、一見ある意味諦めにも見えます。

想定しない

そもそも想定すらしなければ、想定外の出来事は起こらない。こうゆう論理です。

ただ、これだけでは人生に起こりうる様々な出来事に対して適切に対処していくことは難しいと思います。

では、どうするか?

ここで必要とされるものは、日頃からの態度だと思います。

そしてその態度とは

常に「今」起こっている出来事に対してベストを尽くすという

というものです。

こうした態度を身につけることができれば、人生の中に起こるとてつもなく理不尽で辛い出来事などに対しても適切な対処ができると思っています。

私も今、まさにこうした態度を身につけようと日々を過ごしています。

今日の自分はベストを尽くしたか?

こう自分に自問するようにしています。そして、「YES」と答えられる日々を積み重ねていくことが人生を好転させていく秘訣なのだと今は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました