映画「マネーボール」に学ぶ評価システム

まず、twitter上で紹介したバレーメディア編集局のつぶやきの内容をもう少し具体的にまとめてみたいと思います。

1.現在のブロック戦術の主流はリード・ブロック

2.リードブロックにおいてシャット・アウトの本数は多くはない

3.リードブロックはワン・タッチをとって直後の攻撃につなげるという趣旨のものである

4.ブロッカーの能力はシャット・アウトの本数だけでなく“Rebounds” の本数も加味した上で評価されるべき

まとめ:より多面的・客観的な視点から選手の能力を評価すべきである。

ブロッカーの能力評価の改善から考えたこと

上記の具体例から考えたこと。

それはもっと統計的視点に立って選手の能力を評価する姿勢を持てば、より客観的・総合的に選手のプレーを評価することができるのではないかということです。このように考えたのは、社会人になったばかりのときに観た映画をふと思い出したことがきっかけです。

その映画の題名は「マネーボール」。

メジャーリーグを舞台にした映画で、実話に基づいた話です。

映画「マネーボール」から何を学ぶのか

まず、映画のあらすじを紹介しましょう。

amazon primeのあらすじより引用

前略ー選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。ある時、ビリーは、イエール大学経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、周囲の反対を押し切って、後に“マネーボール理論”と呼ばれる戦略を実践していく。当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!!

あらすじとしてはこんな感じのストーリーなのですが、さらにイエール大学経済学部卒のピーターとの出会いについて、詳しく書いているサイトがありましたので下記、引用しておきます。

映画「マネーボール」より引用

前略ーある日、トレード交渉のためにクリーブランド・インディアンズのオフィスを訪れたビーンは、イエール大学卒業のスタッフ、ピーター・ブランドに出会います。ブランドは野球経験はないもののデータ分析が得意で、各種統計から選手を客観的に評価するセイバーメトリクスを用い、他のスカウトとは違う視点で選手を評価していました。ー後略

この映画から学ぶべきことは、選手を各種統計から多角的・客観的に評価しようとすることの重要性です。そこで出てくるキーワードが「セイバーメトリクス」だと言えると思います。

セイバーメトリクスとは

では、セイバーメトリクスとは一体どんな理論なのでしょうか。

セイバーメトリクス(SABRmetrics)とは、簡単に言うと野球におけるデータ(選手成績、試合の結果、球場のスペック等のあらゆるデータ)を統計学的に分析を行い、選手の能力やチームの強さなどを分析して、チーム経営試合の戦略に役立てる手法や考え方のことです。ちなみにこの理論は1970年代に提唱されたものだと言う点も特筆すべき点です。いまでは、野球のみならず、サッカーやアメフトなど他のスポーツにもその手法や概念が活かされています。

正確に選手の能力を評価するために

ここで、先述したブロッカーの能力評価が適切になされていないという現状を考えてみましょう。

バレーボール界はまだセイバーメトリクスのように統計的・多角的に選手の能力を分析し総合的に評価するといったレベルにまでは達していないのではないかと言えるのではないでしょうか。ようやくバレーボール界でも、元全日本女子監督の真鍋監督から発信された「データバレー」という言葉が一般に広がり、「アナリスト」という仕事も認知されるようになってきました。
こうした現状を見ると「選手の能力を正確に評価し、それに基づいた戦術を立てていくこと」に関してはまだまだ発展途上のスポーツと言えるのではないかと思うのです。

統計的視点から多角的・客観的に選手の能力を評価するシステムが現状よりもさらに発展していけば、もしかすると今現在だと低い評価を受けている選手が高い評価を受けることになったり、またその逆も起こり得るのかもしれません。

そして、選手の能力を正確に評価できるシステムの発展に伴って、これまでにはなかったような新たな戦略や選手育成法までもが生まれてくるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました