「かぶる」という言葉の意味をちゃんと理解する

「かぶる」

バレーボールに関わる人でこの言葉を聞いたことがないという人はいないと思います。バレーを始めたばかりのプレーヤーでも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、「かぶらずスパイクを打ちなさい。」と言われて、本当にその意味をきちんと理解できているバレーボーラーはどのくらいいるのでしょう?さらに言うとかぶってスパイクを打ってはダメな理由を明確に説明できるコーチはどのくらいいるのでしょうか?

ふとこうした疑問が頭をよぎったのが当記事を書こうと思った動機でした。

「かぶる」という状態

バレーボールにおける「かぶる」という状態をまずは私なりに丁寧に説明したいと思います。

スパイク(フローターサーブやジャンプサーブ等も同じ)を打つ際、頭上もしくは、頭上よりも後方部分でボールをヒットしている状態(ボールヒットポイントとして最適ポイントのことを※ゼロポジションという)

※最も肩が安定する位置。肩甲骨の肩甲棘と上腕骨の軸が一直線上にそろっている位置。両手を頭の後ろで組んで頭を支える際の肩の位置。

では、なぜ「かぶる」という状態でスパイクを打つことが問題なのかについて考えていきましょう。

「かぶる」ことが引き起こす弊害

「かぶる」ことによる弊害が何か?またそのネガティブな影響がどれほど大きいのか?ということをきちんと整理しておくことは、「かぶる」という状態を避ける上で有効だと私は思っています。「かぶる」ことによる弊害は一時的に試合の結果を左右するだけではなく、プレーヤー寿命を短縮させてしまうほど深刻かつ、長期的なものなのです。

ボールが見えない、もしくは相手チームの状況が見えない

実際にスパイクを打つ場面を想像してやってみてください。まず、自分の利き手を頭上に向かって高く上げた状態(つまりはかぶった状態)で、前方(つまりは相手プレーヤーや相手コート)を見たとき、それと同時に自分の利き手の指先を目で捉えることができるかを試してみてください。

どうでしょうか?

間違いなく、それは不可能だと思います。このことが意味すること。それは「かぶった」状態でスパイクを打つということは、「相手プレーヤーや相手コートを観察することを放棄する」か、「ボールを眼球で捉えることなく自らの勘に頼ってボールをヒットする」かのトレードオフになってしまうことを意味しているのです。

スパイクの球威が下がる

最も小さいパワーで最大のエネルギーを発揮することができるポジション。それが先述した「ゼロ・ポジション」です。このゼロ・ポジションについて書き始めると、それだけで記事になるくらいのボリュームですので、ここでは簡単にだけ触れておきます。

一番、ゼロ・ポジションのイメージを捉えるには、野球のボールを投げる自分の姿を想像するのが良いかと思います。野球ボールを最速で投げようとするとき、自分がどのポイントでリリースしているのかを思い出してみてください。

まず間違いなく、頭上付近でボールをリリースするような人はいないでしょう。おそらくは、自然とゼロ・ポジション付近でリリースしていると思います。バレーボールにおけるスパイク動作も野球の投球動作と同じでゼロ・ポジションで、ボールをリリース(ヒット)するのが小さな力で最大エネルギーを発生させることに繋がります。

ただ、手に持ったボールを地上に足が接地した状態で投げるという動作と比較し、バレーボールにおけるスパイク動作は、常に一定には飛んでこないトス(ボール)に合わせて助走しジャンプして、空中に浮遊しているボールをヒットするという極めて難しい動作となります。それゆえ、投球時のように常にゼロ・ポジションでボールをリリース(ヒット)することは極めて困難と言えます。(決定力のあるアタッカーはゼロ・ポジションでヒットできる状態を作り出すのが上手とも言えます)

つまり、ゼロ・ポジションでボールヒットできていないということは、スパイクの球威はそのプレーヤーのMAX値ではないということを示していると言えます。

肩などの故障を誘発する

もしも「かぶっている状態」が、そのプレーヤーのヒットポイントの基準となってしまうとどうなるのでしょうか?

少し考えただけでも、私はゾッとします。前述した通り、ゼロ・ポジションでボールをヒットできないということによって、試合中に得点することが困難になるのはもちろんです。しかし、それ以上に恐ろしいことは、かぶった状態でのスパイク動作が体に染み込んでしまうとそのプレーヤーの体に不要な負荷をかけ続けてしまうことになり、肩を始めとした身体の故障を招く原因となります。そして、その積み重ねが知らず知らずのうちに、選手生命を短くしてしまうということにも繋がりかねません。

なんとなく理解したつもりで終わらせない

今回、とりあげた言葉である「かぶる」。

コーチなら誰でもコーチングで使ったことがある。プレーヤーなら一度は聞いたことがある。そんな言葉だと思いますが、果たしてどの程度この「かぶる」という言葉が意味するものが何かを考え、理解して使っているか。たいしたことではないようで実は結構重要なことなのではないかと思うのです。

伝える側(コーチ)は、自分が使っている言葉の一つ一つを日々見直し、言葉一つ一つの意味するところを明確にプレーヤーに説明できるかを常に自問自答しなければならないと思います。

そして、伝えられる側(プレーヤー)は伝える側(コーチ)の言葉一つ一つを噛み締めながら、聞かないといけないと思います。そして、理解できない言葉や説明があるなら、きちんと質問をすべきだと思います。ただ従順に「はい。わかりました。」の思考停止プレーヤーであってはなりません。分からないなら、仮説を立てて質問しなければなりません。

もしも、両者(コーチとプレーヤー)が上記のような高いレベルでのコミュニケーションを実現できるとすれば、その場はコーチにとっても、プレーヤーにとっても刺激的な空間になるに違いありません。一方通行のコミュニケーションではなく相互コミュニケーションが理想形だと私は思います。

コメント

  1. […] 前記事、「かぶる」から考える。の記事にも登場した用語ですが、これはバレーボールに限らず他のスポーツにおいても用いられることが多く、誰もが知っておくべき知識だと言えます […]

タイトルとURLをコピーしました