コントロールできることに心を向ける

生きていると自分ではどうしようもない出来事が起こります。

そして、そうしたことについて考え、呆然としたり、暗い気持ちになってしまうことがあります。

人に何かを期待して、その通りにならなかったときに恨めしい気持ちをもったり。

うまくいくと思っていたことが、何かの影響でその通りにならなかったり。

大小含めると日々こうしたことが起こります。

そして、自分を不幸せだと思う人は、大小こうした自分ではコントロールができない出来事に対して自分が被害者であるかのように振舞います。そして、本当に自分は不幸せだと思っています。

これに対して、起こっている出来事が同じであったとして、起こってしまったことはもうコントロールできないのだから、自分ができることに専念しようと「今」を大切にして行動していける人も存在します。こうした人はおそらく自分は幸せだと思っているのではないでしょうか。

このように、2つのタイプの人間がいると思いますが、私自身は後者でありたいと強く思うのです。

自分にとって良くない出来事が続く時期やタイミングというのは生きれていれば必ずやってくると思います。
しかし、そうしたときに自分がコントロールできないモノに心を奪われることなく、自分がコントロールできることに心を向けて粛々と精一杯生きていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました