家族

突然ですが明日早朝にベルリンを発ち、日本に帰国します。

正直、今の現状をここに書くべきなのか悩みましたが、自分のその時々の気持ちや考えを記録として留める意味でも大切だと考えてきたので、ここに書こうと決めました。

いつもなら書きたいことが溢れてくるのですが、今日はなんとか自分の考えを紡ぎ出しているような感じです。

帰国する理由は、子どもが大きな怪我をしてしまったためです。

ベルリンでの生活が始まってちょうど1ヶ月のタイミングでした。

怪我をしたという話を聞いたときはとても動揺しました。

離れていて、子どもの状況もなかなか分からず、とてつもない不安が押し寄せてきました。

しばらく経ってからもその事実を受け入れることがなかなかできず混乱が押し寄せてきました。

よくない想像をしたり、自分がまず何をすべきなのかが、ずっと頭の中でループして正常な思考ができないまま2日間が過ぎていきました。

そして、ようやく現実を受け止め自分がすべきことが明確になったのが昨日です。

今日、荷物をパッキングしながら、1ヶ月前にパッキングしたときの気持ちを思い出すとなんとも言えない気持ちがこみ上げてきました。

「家族でドイツ・ベルリンへ移住。フリーランスに。プロバレー選手に。」

家族で話し合って決めたチャレンジ。

まさかこんな形になるとは。

どうしようもない気持ちに何度も襲われました。

今後、ベルリンに家族と一緒に戻ってきて、チャレンジするのか?と自分に問うてみても、すぐに「YES」と言えない自分がいます。

そして、それを目指すべきなのか?という点についても子どもの状況を考えるとクエスチョンが付きます。

そんな状態です。

とにかく、今の気持ちは早く子どもと妻と一緒にいられるようにしたい。それだけです。

チャレンジよりもはるかに大事なものがあります。

まずは家族が幸せじゃないとチャレンジも何もありません。

子どもが怪我をしてしまったことは本当に悲しいことです。

でも子どもからの

「日本に帰ってきてよ。」

というメッセージだったのかもしれないと今は思っています。

まずは家族が安心して幸せだと思えるように最善を尽くします。

ベルリンでの挑戦を応援してくださっていた方々には大変申し訳なく思っております。

今後のことについては、子どもの状況を見ながら家族で話し合いを重ねて決定していきたいと思っています。

最後に。

人生にはどう考えたってネガティブにしか捉えられないことが起きます。

そんなときでも、その出来事をどう解釈して行動するかでその出来事の意味を変えていくことができるんじゃないかとも思っています。

正直、今は受け入れるだけで精一杯ですが家族で今回のことをちゃんと意味づけして、家族として成長していけるようにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました