育成カテゴリーにおけるコーチング哲学

コーチ研修に参加する中で、様々なカテゴリー(小学生からプレミアリーグまで)のコーチとディスカッションする貴重な機会を得ました。その中で、改めて育成カテゴリーにおけるコーチングの在り方を見つめ直すこととなりました。

本記事では、哲学と言うと少し大げさかもしれませんが、バレーボールの育成カテゴリーにおけるコーチングの哲学について書いていきたいと思います。

ティーチングではなくコーチングを

コーチング哲学と書いているのだから、”ティーチングではなくコーチングを”というテーマ自体が馬鹿馬鹿しいのかもしれませんが、改めてティーチングとコーチングの違いについても整理したいと思っています。

まず、ティーチングとコーチングに違いについて整理していきます。ティーチングとは知識がある人が知識のない人にその知識を与えることだと考えています。ここには、ある種の縦関係があるように感じます(知識があるほうが上というイメージ)。

これに対して、コーチングとはプレーヤー自身に行きたい目的地があって、その人が目的地にいけるよう大切にサポートする全体の営みを指しているのだと考えます。ここには、ティーチングにあるような縦関係のイメージは存在せず、極めてニュートラルな関係性が存在しているように思います。※ティーチングやコーチングについては様々な定義や考え方がありますので、ここで紹介している説明は私のイメージを言語化したものに過ぎません。

さて、ここからは実際に私がどのような意識をもってコーチングにあたっているのかを書いていきたいと思います。

現在、関わっているプレーヤーの多くはバレーボールを始めてまだ1年未満となるような初級者が大半を占めています。そのため、基本的な技術を “教える” 必要に駆られることは多々あります。しかし、そうした場合も1から10までを全て説明し教え込むのではなく、最低限の”教える” に留め、まずはプレーヤーがやってみる(体験してみる)ことを大事にしています。

やってみてうまくできないこともできたことも全部含めてプレーヤーに体験してもらいたいと考えます。プレーヤーはこうした様々な体験(失敗・成功体験)を通じて多くを学んでいるのだと思います。

そして、実際の体験を通じて気がついたことや感じたこと、分かったことについて、私から質問する(問いかける)ようにしています。初めはなかなか言葉にできないプレーヤーも、日々問いかけ続けられると、自然に自分の気づきや考えを言葉にすることができるようになっていきます。こうすることで、プレーヤーは自ら考え学ぶ姿勢を身につけ、自分で成長していく力を身につけていきます。

コーチからではなく、ゲームから学ぶ

初級者にバレーボールのゲームはできない。

そのように思われているコーチの方も多くいらっしゃると思いますが、様々な工夫をすることで初級者がゲームをすることは可能です。そして、ゲームから学べることは本当に多く、コーチから学ぶことよりも多いのではないかと思うほどです。そして、ゲームからしか学ぶことができないことも多く存在しています。

私がコーチングをするプレーヤーの中には、基本的な技術が十分に身についていない段階のプレーヤーも多くいます。しかし、それでも毎回2時間の練習の中でゲームライク練習に1時間程度は必ず取り組むようにしています。

もちろん基本的技術の習得のために反復練習ドリルも重要であり、そうした練習にも取り組みますが、それと同時に学習している(した)技術を実際のゲームの中で技能へ転移させていくためのアプローチも極めて重要だと考えています。

技術としては身についているのに技能としては身についていないため、ゲームになると練習ではできているプレーができないといったことは、日本のコーチング現場で起こりがちであると思います。

実際に私のコーチング現場でも、スパイク練習(コーチが一定の高さのボールを直上に上げる)ではスパイクをしっかりと打ち込めるのに、ゲームライク練習になると途端にまったく打ち込めなくなるプレーヤーがいます(当然なのですが。。。)

まさにこれは、技術としては身についているが技能としては身についていないという典型的なケースと言えます。技術を技能に転移させていくためにゲームライク練習は欠かせないと言えます。・

しかし、上記の例(ゲームになるとスパイクが打てない)のような経験を通じて、プレーヤーも練習でうまくプレーができていても、ゲームの流れの中で自分のプレーができないと意味がないということを学ぶことができます。

ゲームライク練習では、同じ場所から、同じコースで、同じボール(スピード・球種)が飛来するようなことは一回も起こり得ません。目まぐるしく状況は変化し続け、無秩序(カオス)の状況に遭遇することになります。しかし、そうした状況の中でプレーを重ねていくことでプレーヤーはコーチからは学べない、ゲームからでしか学べない多くのことを学んでいるのです。

すべては長期的視点にたつことから

最後に、育成カテゴリーのコーチングをする上で最も重要なことについて書いていきたいと思います。

上記に書いてきたことのまとめとなりますが、プレーヤーの5年後、10年後を見据えた上で、「今」目の前のプレーヤーと対峙することを大切にしています。

小学生カテゴリーであれば試合での勝利を最優先するのではなく、プレーヤー自身が自ら思考して、自立的にプレーや人格を向上させていくことができる人材を育成したいと考えています。

また、型にはめ込むような技術練習を繰り返し、”見た目に” きれいな技術を身につけさせるのではなく、プレーヤー自身が戦術や戦略を思考し、コーチに指示されることなくゲーム・メイクし、ゲームそのものを楽しめるようになってほしいと考えます。

単にバレーボールの技術を高めることを目的としない、バレーボールを通じて何を学ぶのか(バレーボールをすることは手段)、どう人間として成長していくのか(人格的な成長)という視点を大事にして引き続きコーチングを続けていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました