子どもは考える葦である

この週末、静岡県バレーボール協会が主催するスポーツ指導者バレーボール競技「上級指導員」養成講習会に受講生として参加してきました。

バレーボール指導者を対象とした研修に参加する機会はこれまでほとんどありませんでしたが、このような機会をいただけたことに心から感謝しています。

どの講義も素晴らしいものばかりでしたが、その中でも特に印象に残った内容について当記事ではまとめていきたいと思います。

叱らなくても指導できる

今回、私が感銘を受けた講師の先生は池上正さん。

略歴はこちら:大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。10月1日にジェフを退団。同年春より「NPO法人L,K.O.市原アカデミー」理事長。

講義テーマは「叱らなくても指導はできる」でした。

テーマを知ったとき、どのような講義なのだろうか?と想像してみました。

そこでまず一番に考えたのは、指導をする上で感情的になってしまうことがないよう、しっかり感情のコントロールをして論理的に指導をして行きましょう。

といった、いわばアンガーマネジメント的な内容だと考えていました。

これまでの自分の指導経験でも、選手に対して感情的になってしまうことが多々あり、どのように感情をコントロールすればいいのか?といったことを学べるのだろうと思っていました。

しかし、実際は想像していたような内容ではなく、「自ら思考し、アクションを起こしていける選手をどのようにして育成していくのか?」といった内容でした。

指導上のスキルについて学ぶというのではなく、「指導は何のために行うのか?」といったもっと根本的な問題について深く考える機会となりました。

叱られると人はどうなるのか

まず、池上さんの考える指導では、指導者が選手に対して大きな声を出して怒鳴ったり、威圧的に叱ったりするといったことは一切ありません。こうした池上さんの考える指導方針の根本にあるのは、「選手は自分がスポーツを好きで、楽しいからやっている」というものです。

人がスポーツをしようとする動機は、本来「楽しいから。」「自分がしたいから。」

スポーツを始めたときはみんな同じだったはずです。

ですので、指導者はその原点を決して忘れてはいけません。

しかし、長年指導をしているうちにだんだん勘違いをするようになり、試合に勝つことや結果を残すことばかり考えるようになってしまいます。(私も過去の指導経験の中でこうした状態になっていたことがあります)

そうして、自分の思った通りに選手が動けなかったり、試合に勝てなかったりすると、怒りの感情が湧いてきて、その感情をなぜか選手にぶつけたりしてしまうといったことが起こるのです。

そして、そんな時に指導者が使う殺し文句はこれです。

君のためを思って言っている(怒っている)んだよ。

こうした殺し文句を利用して、知らず知らず自分の思い通りに選手を動かそうとしてしまうのです。

こうした言葉を発しているとき、指導者は心から「選手のため」だと思い込み(それはほとんどが大きな勘違いで、結局は自分のためである)怒りをぶちまけて怒鳴ったり、最悪の場合は体罰をしてしまうのだと思います。(「怒る」と「叱る」は違うという表現は指導する側の論理で、結局は選手を威圧することで選手の行動を強制しようとする行為である)

さて、こうして指導者から、指導の一貫(??)として叱られる(最悪の場合、体罰を受ける)選手たちには何が起こっているのでしょうか?

その答えは。。。なんとも恐ろしいことが選手たちの頭の中で起こっています。

脳の一部が変形し、萎縮する

これは脳科学の研究からも実証されています。

おそらく、皆さんも経験したことがあるかと思いますが、怒鳴られたり激しく叱責されたときには、「なぜ怒られたのか?何がいけなかったのか?」と考える以前に、「ただただ怖い。怒られたくない。」といった恐怖の感情に支配され、思考停止状態になってしまいます。

こうしたことを繰り返し繰り返し経験する選手の脳は萎縮して変形し、どんどんと思考停止状態へと追い込まれていくのです。

そうです。叱ってはいけない理由。それは選手の「考える力を奪ってしまうから」なのです。

では、どうすれば選手の考える力を奪ってしまうことなく、選手をより良い方向に導いていく(プレー面だけではなく、人間としても)ことができるのでしょうか。

問いかける

ただただ指導者は選手に問いかけるのです。

「どうすればもっと良くなる?」「どうすれば次は失敗しないだろうか?」

各々の状況によって様々な問いかけ方があると思いますが、とにかくすぐに答えを指導者が言ってしまわないことが重要です。

「なぜ指導者が答えをすぐに言ってしまってはいけないか?」

それは、もちろん子どもから「考えるチャンスを奪ってしまうことになる」というのもありますが、もう一つ大事な理由があります。

それは、「答えは唯一1つしかないものである」と選手が思ってしまうからです。

実際スポーツをしている中(実生活の中でも)で、正解はただ一つだけしかないといった場面は「ほぼない」と言ってもよいかと思います。

答えが、一つではないということを選手たちが本当に理解するには、自分なりの答えを自分自身で考え出す以外に方法はないと言えます。

だからこそ、指導者は答えを言ってしまいそうなところを、「グッ」とこらえて選手に「問う」のです。

考え、行動するができないこともある。それもよし。

ただただ問いかける。

これは、指導者にとっても難しいことですが、選手にとっても難しいことです。

選手からすぐに答えが出ないことも多々あると思いますし、いざ考えて実行してみても望むような結果が出ないといったも多々起こります。

しかし、そうした失敗経験をすることさえも、選手には必要なのです。

大人が答えをサッと選手に教えてしまったほうが、そこで起こっている問題だけを解決するには早いかもしれません。しかし、また別の問題や課題を目の前にしたときにも、その都度、指導者が答えを出してあげる必要がでてきてしまいます。

ですので、一見遠回りのように思えたとしても、選手に考えさせ、問いを繰り返していくことのほうの方が彼らの「自分で考え、解決する力」を育成していくことに繋がると考えられます。

「最初はできなかった。でも色々試してみたらできるようになった。」

こうした一連のプロセス(失敗→思考→行動→成功)を経験することが選手のかけがえのない力になるのです。

学ぶことをやめたら教えることをやめなければならない

子供に問いかけるだけ。

そんなこと誰でも指導者ができるんじゃないか?と思われたかたもいるかもしれません。

しかし、それは違います。

先述したように、問いかけ続ければ選手たちはそれぞれ彼ら・彼女らなりの答えを出してきます。

答えは一つではなく無限にあります

選手たちが出した答えが、良い結果を生むのかどうかを指導者は「見極める力」が必要です。

選手らが出してくる様々な答えを見極めるためには、指導者自身が正解はただ一つしかないと思っていてはダメです。指導者自身がそうした信念(思い込み)を持ってしまった瞬間から、選手の出した答えを否定する可能性がかなり高確率になってしまうからです。

だからこそ、指導者は選手らの出してくるあらゆる答えを見極められる力を身につけるために、指導者であり続けるために「永遠に」学び続けなければなりません

最後にご紹介

池上正さんの人柄や指導についての考え方を感じ取ってもらえると思う本や動画をご紹介します。ぜひとも参考にしてみてください。当記事は、池上さんのお話を聴いて(INPUT)、自分の頭で精一杯理解(解釈)してから書いた(OUTAPUT)ものであることをご理解いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました