Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

バレーボールの誕生

バレーボールの歴史を知るには、バレーボールの誕生についての言及から始めなければならないだろう。いつ、どこで、どんな社会的な背景があったのか。また誰によって開発されたのかといった具合に。

バレーボール誕生までの経緯については色々なところで解説がされていると思う。本記事では様々な文献の力を借りつつも、著者自身が感じたことや考えたことなども交えながらできる限り詳しく見ていきたいと思っている。

それはなぜかというとバレーボールの誕生は人の誕生と同じように偶発的遺伝子の掛け合わせによって奇跡的に実現したもので、そこには語られるに値するほどの物語が存在していると思うからである。すべての物事がそうであるようにバレーボールの存在も一つのボタンのかけ違いが「もし」あったならば、「なかった」ことになっていたということを感じてもらいたい。

もしそれを感じてもらうことができたのであれば、バレーボールに対する愛情もさらに深いものとなるだろう。

では、早速バレーボールの誕生までの経緯を見ていこう。どこまで遡るのかという問題もあるのだが、ここではバレーボールの親にあたるスポーツについての言及から始めよう。すべてのスポーツがそうであるようにバレーボールも突然発生したものではないのだ。

バレーボールの親とも言うべきスポーツ。それはバスケットボールである。

「えっ?そうなの?」という声が聞こえてきそうではあるが、その気持ちは分かる。なぜならバスケットボールとバレーボールを同時に連想したときに両スポーツに共通する部分をあまり多くは見出すことができないと感じてしまうからだ。実際、私自身もそうであるからだ。ここからはバレーボールの親とも言うべきバスケットボール誕生の経緯を遡ってみていきたい。親を知ることは子を知ることにつながる。間違いない。

バスケットボールの誕生

バスケットボールは1891年、カナダ人青年であるジェームス・ネイスミスによって開発、いや産まれた。

「バスケットボールはカナダ発祥のスポーツなのか?」と疑問に思った方も多いかもしれない。しかし、バスケットボールは読者の期待通りアメリカ発祥のスポーツである。彼の指導教授であったYMCA(Young Men’s Christian Association:キリスト教の信仰に基づき社会活動を推進する組織)のルーサー・H・ギューリック博士の教えと自身の子ども時代の遊び経験を融合させてバスケットボールを発明したのである。

そして、このバスケットボールの誕生に大きな影響を与えた博士の教えがどういったものであったのかを知ることはバレーボールの誕生について知る上でも重要である。彼の教えはネイスミスの著書にこう記されている。次に引用しよう。新しいスポーツを考えるにあたってのギューリック博士の言葉は次の通りである。

“There is nothing new under the sun. All so called new things are simply recombinations of the foctors of things that are now in existence.” 

(太陽の下で行われるスポーツは何も新しくない。新しいスポーツと呼べるものは今すでに存在しているものの要素を単純に結合させたものになるだろう。)

ジェームス・ネイスミス

この一文を一単語に置き換えるとすれば、これはまさにリ・クリエーション(re-creation)、再創造である。青年ネイスミスの再創造によってバスケットボールは生まれたのである。

「自由遊び」から「リ・クリエーション」へ

リ・クリエーション・スポーツとして誕生したバスケットボールではあるが、当時の社会的背景として南北戦争(1861~1865)が社会に与えた影響は決して見逃せないためここでしっかりと言及しておきたい。

南北戦争とは、当時アメリカの北部(自由州)と南部(奴隷州)の激しい対立によって行われた大規模な内戦である。そして、この内戦が終了した後の社会変動は凄まじいものであったようだ。戦前から始まっていたアメリカにおける産業革命の急発展とともに都市化が一気に進み、それに伴う格差・貧困の問題が浮上。青少年の非行、以前から歴々と存在していた黒人差別問題。とにかく問題は山積みであった。

そんなカオスとも呼べる社会状況を変えていこうとムーブメントが起こる。次世代を担う子どもたちを守り、育てる環境が必要だとの認識からアメリカ各地に公園ができ始めたのである。さらに、安心して子どもたちが遊べる環境が整い始めたことを皮切りに公園での自由遊びが次第にリ・クリエーション活動へと発展していったのである。そして、リ・クリエーション活動は教育活動の一貫として学校教育現場へ、地域社会全体へとさらなる広がりを見せていったのである。

社会全体の子どもが安心して自由遊びできる環境を整えるという想いが発端となって、それが世代を超えたすべての人々にとってのリ・クリエーション活動へと発展していったのである。

ウィリアム・G・モルガンという創始者

さて、ここまでバレーボールの親とも言うべきバスケットボール誕生とその社会的背景について解説してきた。バレーボールを深く理解するには必要だとの認識から言及してきたが、思いの外前置きが長くなってしまったようにも思う。さて、ここからはバレーボールの誕生に最も多くの貢献をしたであろう一人の男性に視線を注いでいきたい。

バスケットボールが生まれる約20年前の1870年にバレーボールの創始者であるウィリアム・G・モルガンはこの世に生を授かった。

持ち前の体格の良さを生かして高校時代はフットボール部で大活躍をしたというのだからやはりスポーツが好きな青年であったのだろう。そして、そんな青年の人生を一変させる出会いが訪れる。先述したバスケットボールの創始者であるネイスミスとの出会いである。彼はある大会で活躍していたモルガンをスカウトしたのである。

ここでの出会いがきっかけで、モルガンはスクール・フォー・クリスチャン・ワーカーズ(現スプリングフィールド大学)の門を叩くことになる。もし、このときネイスミスがモルガンに目をかけなかったら。もし、モルガンがネイスミスのスカウトを断っていたら。「もしも〜だったら」は歴史に存在しないわけではあるが、こんなことを思ってしまうのは私だけではないはずだ。お酒をまったく飲めない私ではあるが、彼らの出会いに「乾杯」。本当にありがとう。

さて話を戻そう。モルガンは入学後、リクリエーション技術に関する教育を受けることとなる。当時のアメリカにおいてはスポーツを教育の手段とする体育に関心が強く向けられ始めた時期でもあり、グラウンドをフィールドにしたチーム競技が行われるようになっていた。

こうした社会的な背景もあり、モルガンはYMCAの体育指導員となってビジネスマン向けの体育の授業を担当するという契機を得る。後にバレーボールが生まれる直接的きっかけとなったのがこの「ビジネスマン向けの体育の授業」での経験である。

バスケットボールが生まれて約5年の月日が経とうとしていた1895年。当時、バスケットは体育館という恵まれた環境が揃う都市部で、特に若者の間で瞬く間に広がり人気を得ていた。しかし、そんなニュースポーツの人気が博し始めている渦中にいたモルガンであったが、誰もがバスケットボールに興味を見出しているわけではないということを体育指導員としての立場から敏感に感じ取っていたのである。

面白く、覚えるのも、プレーするのも簡単。屋内でできるという「楽しむ」ための条件が三拍子揃ったバスケットボールではあったが、当然ながらデメリットもあった。そのデメリットについて彼は次のようなことを感じていた。「バスケットボールは若い人たちのニーズを満たすことはできるが、激しいボティ・コンタクトや身体的負荷が高い。若くはない人たちにとって適したスポーツとは言えない部分がある。」

このような肌感を持つようになったのは、彼が指導対象としたクラスが当時のビジネスマン向け(若者向けではない)であったことが多分に影響している。こうしたウィリアムの体育指導員としての飽くなく向上心とささやかな「違和感」がバレーボールというスポーツを生み出したといっても過言ではないだろう。

バレーボールというリ・クリエーション

さて、モルガンとバレーボール誕生のきっかけが運命的なものであることは分かっていただけたのではないだろうか。さてここからは、どのようにしてバレーボールが産まれて(開発されて)いったのかを眺めていきたい。いわゆる誕生(開発)秘話である。

彼がバレーボールを開発しようとした動機は、先述した通り。体力的に高水準にある若者だけではなく、広い世代にプレーヤーが取り組めるようなスポーツが必要だという課題意識である。広い世代のニーズを満たすというモルガンの熱く優しい想いから生まれたバレーボールには、どんな世代の人でも、どんな場所でも、そして何人でも、楽しめるスポーツであるという特長があると言える。

また、彼はバレーボール開発においての最も重要なコンセプトの一つとして、『リ・クリエーショナル(re-creational)』であることを据え置いた。これは、ネイスミスがバスケットボールを開発した際に重きを置いたコンセプトと同じものであったのは大変興味深いところである。このことからもネイスミスの影響を多分に受けていることがわかる。この意味においてもバスケットボールとバレーボールは親子関係にあるといっても良いのかもしれない。

こうして、モルガンは自身の経験とリ・クリエーショナルなスポーツというコンセプトを中心に据え、ニュースポーツの開発に取り組んでいくわけである。ここからは、そのプロセスの詳細に注目していこう。

思考錯誤の連続を乗り越えて

彼は広い世代のニーズを満たすという観点から、テニスというスポーツから着想を得た。しかし、そこで引っかかったのはラケットという道具が必要であるという点であった。ラケットがないとプレーできないというのは彼の想いに反したようである。

しかし、その一方でテニスの「ネット型スポーツ」というアイディアには魅かれるものがあったのだ。ネットによって、相手チームとのボディ・コンタクトを防ぐことができる。そして、紐さえあればネットはどこでも張ることができる。そんなふうに考えたのではないだろうか。そして、ゲーム性を考慮して彼はネットの高さを6インチ(198センチ)、当時のアメリカ人男性の身長より少し上程度の高さに設定したのである。

次はボールである。どのようなボールを使用するのかにはモルガンも大変苦心したようだ。当初はバスケットボールから着想を得たこともあり、当時使用されていたバスケットボールの内側のゴム製の空気袋を取り出し使用していたが、ボール自体があまりに軽く、ボールの動きが遅すぎるという課題があった。そのため、バスケットボールをそのまま使用してプレーすることも試みたが、あまりに大きく重いためバレーボール競技には最適でなかった。

そこで、モルガンは当時バスケットボールの公式球を製造していたスポルディング社にバレーボールの公式球製作を依頼するに至った。1895年のことである。スポルディング社はそれまでにベースボールにアメリカンフットボール、そしてバスケットボールを開発してきた実績と技術を擁していた。

そして、モルガンからの熱いオファーに応えて世界で初めてバレーボール専用ボールを開発したのである。周囲25~27インチ(63.5~68.6センチ)、重さは9~12オンス(252~336グラム)であった。こうした正式なボールの開発がバレーボールの発展を一気に加速化させたということは言うまでもないだろう。

現在に至ってはスポルディング社製のバレーボールを日本で拝むことはほぼないに等しいが、スポルディング社の存在なくしてバレーボールの今日までの発展はなかったと思うと感慨深いものがある。ありがとう。

また、余談ではあるが現在においてもボールの開発は現在進行中であり、数年おきにボールも変化している。これはボール型スポーツにおいては、ボールそのものがプレーヤーのパフォーマンスに与える影響が非常に大きいということを示しているとも言えるのかもしれない。先述したバスケットボールの生みの親であるネイスミス博士は、ボール型スポーツにおけるゲーム難易度はボールのサイズに反比例するという独自の理論を持っていた。ボール・サイズそのものがスポーツに与える影響は甚大であるのだろう。

こうして、バレーボールゲームの大枠とプレー環境(ネット・ボール)を整えたモルガンは2人の友人とともに基本的なゲーム・コンセプトを10のルールとともに作り上げることとなる。思考錯誤を繰り返しながらバレーボールは徐々に一つのスポーツとして確立されていったのである。ひとりの体育教師の熱い想いが少しずつ実り始めていったのだ。

「ミントネット」、「バレー・ボール」、そして「バレーボール」 

バレーボールが全米で日の目を見る大きなきっかけとなった出来事が1896年に開催された全米YMCA体育部担当主事総会である。この総会でモルガンはミントネット(Mintonette)という名称でバレーボールを紹介した。

その後1896年7月、国際YMCAトレーニングセンターで開催された全米YMCA総会にモルガンは招待され、ミントネットのデモンストレーションをする好機に恵まれる。そして、1チーム5名からなる2つのチームによってデモンストレーションは行われた。この際、モルガンはミントネットについて次のように説明している。

「まず、体育館や運動ホールなどの室内でプレーするようにデザインしている。ただその一方で屋外でもプレーすることができる。プレーヤーの人数は制限されずコートのサイズに応じて何人でもプレーすることができる。ラケットなどの道具は使わず身体の一部を打具として使うため、誰でも容易にプレーすることができる。ボールを自コートに落とさずネットを超えて相手コートに打ち返すことがゲームの目的となっている。」

ちなみに、アメリカバレーボール協会初代会長であるジョージ・フィッシャーは「バレーボールと呼ばれるゲームの起源はこのデモンストレーションにある」と明確に述べている。フィッシャーの述懐をもとに考えると本記事執筆時(2022年)から遡るとバレーボールの歴史は約125年。この歴史を長いと見るかそれとも短いと見るかはその人の考え方によるだろう。私の主観からすれば、まだまだバレーボールはよちよち歩きの発展途上のスポーツ。この先、まだまだ発展していく未来あるスポーツだ。明るい未来しかないと思っている。

さて、ニュースポーツとして日の目を見たばかりのミントネットではあるが、どの段階で「バレーボール」と呼ばれるようになったのかと疑問を持つ人もいると思うので、その種をここで明かしておきたい。

実は驚くほど早くに名義変更をしている。1896年のデモンストレーションを見ていたアルフレッド・ハルステッド教授からその場で提案があったのだ。ボールを相手コートに打ち返す(Volleying)というゲームの目的と飛来するボールの有り様から「打ち返す(ヴォレー)」と「球(ボール)」を組み合わせた“ Volley Ball” という名称が万人にとってわかりやすいのではないかとの提案であった。

この提案をモルガンは快くか否かは不明であるが受入れたのである。なんと素直な青年であったのだろう…。「バレー・ボール(”Volley Ball”)」誕生である。恐ろしく早い改名である。

しかし、現代のように「バレーボール(”Volleyball “)」 と一単語として表記されるまでにはここからさらに約50年の年月を要する。1952年に全米バレーボール協会によって正式に”Volleyball “という表記されることが認定されるのである。一見、表記上のマイナー・チェンジと思われるかもしれないが、一つの単語として「バレーボール」が認められたことは正式なスポーツとしての地位を確立したと捉えることもできるのかもしれない。

バレーボール誕生からの歴史的変遷

ここまで、バレーボール誕生までの物語を私なりの解釈も挟みながら紡いできたわけだが、現代バレーボールのことを本当の意味で理解しようとするのではあれば、やはり誕生後の歴史的変遷について知ることは必須である。世界への広がり、ルールの変遷、戦術の変遷…。どの視点から眺めてみてもバレーボールは誕生から変化、いや進化し続けている。

バレーボールが誕生するまでにも長い物語があったが、誕生後はもっともっと長い物語が続きそうである。いやこれはネバー・エンディング・ストーリーだ。

バレーボールの次の物語を紡ごうという決心とともに本記事を締めくくりたい。

参考文献:FIVB COACHES MANUAL
参考文献:セリンジャーのパワーバレーボール
参考文献:コーチング バレーボール 基礎編

コメント

タイトルとURLをコピーしました