Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

東京オリンピックにおける戦術トレンド分析と日本の未来戦術創造についての考察

世界的にコロナの感染が拡がる中、開催された東京オリンピック。

一年延期、全試合無観客といった状況下での開催となり、これまでのオリンピックの歴史を振り返ってみても『極めて異例』な大会であったと言える。

そんな東京オリンピックであったが、前回オリンピックから5年の時を経て世界のバレーボール戦術にはどのような変化があったのかを探っていきたいと思っている。そして、さらに今大会に見られた戦術トレンドの考察を通して今後生まれてくるであろう(筆者の独断と偏見によるもの。さらには筆者の願望みたいなものも入っているのかもしれない…。)日本の目指すべき未来の戦術についても考えていきたいと思っている。

尚、本記事の執筆に至るまでには本当に多くのバレーボール戦術に関する識者(猛者?)たちからご指導や知識提供をいただいた。こうした一連のプロセスなくして今回の記事を書くには至らなかったことは間違いなく、私自身のバレーボール戦術に対する興味・関心、そして理解も低い状態のままであったに違いないと断言できる。バレーボールを愛する彼らには心から感謝しているし、ぜひとも今後ともバレーボールを熱く語り合いたいと思っている。本章に入る前に先に感謝の気持ちを伝えておきたい。

世界の戦術トレンドの変遷

本大会での戦術トレンドをより深く理解していくためには、これまでの戦術の歴史的変遷を振り返ることが必須である。この点が抜け落ちてしまうと、戦術トレンドに対する理解度が格段に落ちてしまうので要注意だ。

戦術には大きく分けてチーム戦術と個人戦術があるが、チーム戦術を中心に歴史を遡って見ていきたい。チーム戦術の歴史的変遷を眺めていく際にどこに焦点を当てるべきか。

それは間違いなくアタック戦術とブロック戦術である。

前衛プレーヤー(最大3名)のみが攻撃参加するのが一般的であった時代には、マンツーマンのコミットブロックによるブロックが有効であった。しかし、このブロック戦術に対抗して複数アタッカーが組織的にテンポ差を活用したいわゆる時間差攻撃を繰り出すようになる。これによって、個の力で対抗するコミットブロックでは立ち行かなくなる。

そこで、生まれてきたのが組織化されたバンチ・シフトをベースとしたリードブロック(see & response)戦術である。セットされたボールを見てから反応してブロックを形成するこの戦術により、時間差攻撃は無効化されてしまう。

そして、さらにこのブロック戦術に対抗しようと考え出されたアタック戦術が同時多発位置差攻撃である。この戦術はセッターとリベロを除く最大4名のアタッカーがファーストテンポでそれぞれ違うスロットから攻撃を繰り出すものである。この戦術の登場によって、ブロック3名に対して4名のアタッカーという数的優位を生み出すことに成功したわけである。

同時多発位置差攻撃はいまだトレンド

現在も、同時多発位置差攻撃は世界標準のアタック戦術となっており、東京オリンピックに出場した男子チームすべてにおいて標準装備されたアタック戦術であったと言える。新しい戦術トレンドとは言えないが、本アタック戦術は本大会においてもいまだに『トレンド』であると言えるだろう。

このように、戦術の変遷を振り返れば分かるようにアタック戦術とブロック戦術は常に対をなしており、どちらか一方の戦術がイノベーションを起こすと、次にもう一方の戦術がイノベーションを起こすということが繰り返されてきた。

東京オリンピックにおいて、やはり注目すべき点は同時多発位置差攻撃を打ち破ろうと新しいブロック戦術が生まれるのかどうかというところだったのではないだろうか。そして、まさに新しいブロック戦術トレンドが見られたのがこの東京オリンピックであった。

自チームライト側へのデディケート・シフトからのリードブロック

2019年開催のワールドカップにおいても少しずつ見られ始めていたのが、自チームライト側へのデディケート・シフトからのリードブロック戦術である。

まず、レフトブロッカーがセッターのベースポジション(スロット0)に構え、そこを基準にしてライト側に残り2人のブロッカーも構える。そして、セッターを基準にレフトサイド側から攻撃を仕掛けてくるアタッカー3枚(前衛・後衛は問わない)に対しデディケートすることで“レフトサイド側において”数的等数の状態をつくる。

さらに、スロットCに入ってくる残り1枚のアタッカーに対してはレフトサイドブロッカーが主軸となってスイングブロックで対抗する。レフトサイドブロッカー(できればミドルブロッカーも)はセッターがバックセットを上げれば迷うことなくスロットCから攻撃を仕掛けてくる1名のアタッカーめがけてブロックに跳べばよい。ライトサイドからの攻撃の選択肢が1つしかないことによって反応時間を短くし対応することができる。

多くのチームが大会を通じてこの戦術を採用していたことから見て同時多発位置差攻撃に対する有効性があったと考えることができる。デディケート・シフトからのリード・ブロック戦術が、本大会で見られたチーム戦術トレンドの見どころであったことは間違いないだろう。

セッターを基準にレフトサイドとライトサイドにアタッカーを2名ずつ配置

また、先述のデディケート・シフトからのリード・ブロック戦術への対抗手段としてチームアタック戦術が要所で見られたように思う。同時多発位置差攻撃の基本形は、スロット1〜5の間に3名のアタッカーが攻撃を仕掛け、スロットCに1名のアタッカーが攻撃を仕掛ける形であり、この攻撃の型に対してデディケート・シフトが敷かれていた。

しかし、今大会ではこのブロック戦術に対抗すべくスロット1〜5の間から2名のアタッカー、スロットA〜Cの間から2名のアタッカー、計4名のアタッカーが同時多発的に攻撃を仕掛ける型を繰り出すチームもあった。

セッターを基準にレフト側とライト側に2名ずつアタッカーを振り分けることによって、相手ブロッカーへ認知的負荷をかけ、ブロッカーの反応時間を長くし、アタッカーが優位な状態で攻撃できる状況を作り出したのである。デディケート・シフトからのリード・ブロックに対抗する手段(戦術)としては一定レベルで成功していたと言えるだろう。

ここ数年、チームとしてのアタック戦術トレンドでもある同時多発位置差攻撃。微細とも言えるかもしれないこうした変化であるが、着実に戦術が進化しつつあることも見てとれた大会であった。

組織的なサーブ戦術

ここ近年多く見られているビッグサーバーの破壊力抜群なサーブを起点にブレイクしようとする戦術だけではなく、より組織的なサーブ戦術が見られる大会であった。サーブ後のトータルディフェンスとの繋がりを強く意識したコントローラブルなサーブ戦術である。

具体的には、意図的に特定のアタッカー(オポジットやアウトサイドヒッター)を狙って、彼らの足元や間、コート奥にボールをコントロールして打つことで攻撃参加を遅らせたり、攻撃参加自体を阻止したりする戦術である。これは相手チームのアタッカーの数的優位の破壊を意図したものである。リスクを冒して一発サービスエースを狙うのではなく、サーブを起点としたトータルディフェンスからボールを繋ぎ、トランジション・アタックで得点しようという思考の元で遂行される。

個人戦術として見られがちなサーブが今大会では特にチーム戦術として機能していたように感じる。そういった意味ではトータルディフェンスの一貫としての組織的サーブ戦術というのは本大会のトレンドであるとも言えるのではないだろうか。

その他の個人戦術

チーム戦術の大きなトレンドはここまで書いてきた通りであるが、ここからは個人戦術のトレンドを見ていきたいと思う。

エアフェイク
「スロットずらし」とも呼ばれる個人戦術であるが、アタッカーがファーストテンポでの攻撃をしかける際、ジャンプして空中でスライドし “スロットをずらして” アタックする戦術である。

過去、チーム戦術としてのリード・ブロックが確立していなかった時代に使われていたことのある個人戦術が今になって再び見られることとなった。これが意味することは、同時多発位置差攻撃というチーム戦術にアタッカーの個人戦術を絡ませることによって、チーム全体としての攻撃力をさらに高めようといった意図があったのではないかと考えている。

今大会ではミドルブロッカーがこの戦術を多く使っていた。ブロック・プレーだけではなくアタック・プレーにおいてもミドルブロッカーが果たす役割は今後さらに大きくなってくるのかもしれない。

ハイブリッドサーブ
ジャンプフローターとスパイクサーブを混合させた(ハイブリッド)サーブが多く見られた。このサーブはヒット直前までボールの質を予測することが難しく、レセプションをするプレーヤーのタイミングを狂わせることができる。ビッグサーバーの前後などで採用すれば、より効果的なサーブとなり得ると考えられる。

フェイクセット
日本では男子代表チームの石川選手が要所でこのプレーを披露したが、多くのチームでたびたび見られた。決定力の高いアタッカーでありながら、精度の高いセットプレーができるプレーヤーが増えてきていることを感じさせる個人戦術であった。

さらに言えば、今後はポジション別専門プレーヤーではなくオールラウンドなプレーヤーが求められる時代がきていることを示唆しているのかもしれない。

日本男子代表チームを振り返って

さて、ここまで本大会全般の戦術トレンドについて述べてきたが、少し本大会の日本代表男子のバレーボールに目を向けてみたいと思う。

予選リーグを突破し、素晴らしいゲームを見せてくれた日本男子バレーであるが、今大会で展開した戦術について私の主観で言及をするならば、厳しい言い方のように聞こえるかもしれないが未だメダル獲得チームを含む上位チームの後塵を拝する状況であると言わざるを得ないと感じている。

やろうとしている戦術自体に大差はそれほどないかもしれないが戦術遂行レベルに大きな差異があるというのが実際のところだろうと思う。

まずは、ブロック戦術の基本となるバンチ・リード・ブロックの遂行能力をミドルブロッカー中心にさらに向上させ、そこをベースとして相手チームのアタック戦術に応じたブロック戦術を展開していくということが必要になるだろうと考えている。

また、アタック戦術についても同時多発位置差攻撃を常に繰り出すという点においてアタッカーの攻撃参加意識はこれまでの日本代表チームと比較すれば格段に高くなってはいるが、相手ブロッカーを十分に引きつけ、反応速度を遅らせることが十分にできていないと感じてしまう場面も少なくなかった。アタック戦術についてもブロック戦術と同様、さらなるベースアップが必要となるのではないだろうか。

さて、次の章からはブロック戦術とアタック戦術を世界標準レベルで遂行できるようになることを前提として、日本が世界をリードするため、つまりはメダル獲得のために目指すべき未来の戦術展開について提案してみたいと思う。

正直少し過激すぎる戦術であるような気もするが、世界でメダルを獲得するためにはこれくらい大胆な戦術を取り入れていかなければならないのではないかと思っている。

常用リベロの廃止による「+2」の数的優位をつくる

現代バレーの攻撃参加人数の最大は4名というのが常識であるが、この最大人数を5名にする方法がある。その方法とは常用リベロを廃止するという考え方である。

前代未聞の戦術と言えるのかもしれないが、バレーボールの長い歴史を振り返ってみるとリベロ制度の誕生はごく最近とも言える。リベロがコート上にいなくなることによってアタックに参加できる人数は5名となり、相手ブロッカーに対する優位性はイン・システムであれば「+2」になる。現在、バックアタックに参加するのはオポジットとアウトサイドヒッターというのが常識であるが、ミドルブロッカーもバックアタックに参加することができるようになれば相手ブロッカーの反応速度はさらに遅くなり、アタック時の優位性はさらに高まるに違いない。

ただ、この戦術を遂行するには一つ大きな課題がある。それはミドルブロッカーのオールラウンドプレーヤー化である。現状、バックアタックが打ててレセプションができて、ディグができるようなミドルブロッカーの存在はどのカテゴリにおいても稀有だと言わざるを得ない(存在しないと言い切れるのかもしれない)。そして、その原因として考えられるのは後衛ポジションではリベロと交代し、前衛のみでしかプレーしないことを前提としてミドルブロッカーの育成がなされていることが挙げらる。

しかし、もしもここに提起した戦術を日本代表チームが目指すことを公言すれば、アンダーカテゴリでの育成の考え方、在り方は劇的に変化していくるに違いないと思う。日本代表チームから具体的に「こんなプレーヤーが代表チームには必要だ。こんなバレーボールを日本のトップチームでは目指している。」という明確なヴィジョンがアンダーカテゴリのコーチたちに伝われば、コーチは工夫と努力を惜しまないだろう。10年、15年と時間はかかるだろうが、当たり前にオールラウンドなプレーヤーが生まれてくるようになるのではないだろうか。

また、最後に少し補足しておく。ここでの提案は「常用リベロの廃止」であって、リベロの存在の否定ではない。フロアディフェンス力を向上させたい局面などで、効果的にリベロを投入するということも一つの戦術として考えるべきだと思っている。

セッターベースポジション、スロット「0」から「1」への変更による相手ブロッカーの分断

続いて、先述の常用リベロ廃止による「+2」戦術と併せての導入を提案したいのが、セッターのベースポジション変更による相手ブロッカーの分断戦術である。

これは今大会でのデディケート・シフトによるリード・ブロック戦術から着想を得たものである。簡単に言うと、通常はセッターのベースポジションは「スロット0」であるがこれを「スロット1」にしようというものだ。現状の「スロット0」をベースにしようとする考え方はレフトサイドからの攻撃がメインであるという考え方に準拠したものであろう。

しかし、スロット1をベースポジションにすることで、セッターのレフトサイドとライトサイドに全く同じだけのスペースが生まれる。これによってどちらのサイドが優先であるという考えが完全に消え失せる

これによって、攻撃参加するアタッカー5名のスロット位置を左右に分断できる。レフトサイドに3名のアタッカーをあてがい、ライトサイドに2名のアタッカーをあてがう、またその逆も可能になるだろう。5名のアタッカーが均等割した左右のスペースから縦横無尽に攻撃を仕掛けてきたらどうだろうか。想像しただけでゾクゾクする。ブロッカーの思考は混乱し、反応は鈍るに違いない。

ただ、この戦術を有効化するにはやはり大きな課題がある。それは、すべてのプレーヤーがレフトサイド、ライトサイドどちらからでも高い攻撃力を持ってアタックできるというのが大前提である。多くのプレーヤーがレフトサイドとライトサイドのいずれかのサイドに得意・不得意の意識を持っているのではないだろうか。この原因の多くは、おそらくアタック・プレーの経験値の差にあるのだと思う。早期のポジション決定や専門化によってこの経験値の隔たりに影響していることが考えられる。

この点についてもアンダーカテゴリからあらゆるポジションを経験し、両サイドから同じだけアタックプレーを経験できるような環境をコーチが計画的につくることができれば、前後左右どこからでも決定力のあるアタックを打てるプレーヤーを育成していくことができるのではないかと思っている。本戦術に遂行についても、アンダーカテゴリが担う役割は大きいと言わざるを得ない。

日本の未来戦術を遂行するために

本大会で、日本男子バレーチームが大躍進したというのは紛れもない事実である。しかし、このまま世界標準の戦術を後追いしているだけではメダルを獲得することはかなり難しいと言える。

世界のトップチームが当たり前にやっている世界標準戦術を今よりも高いレベルで遂行することができることを目指しつつ(非常に重要)も、世界標準戦術の未来をゆく新戦術を展開していくことが必要なのではないかと思っている。

本記事ではその新戦術として2つの奇抜かつ大胆な戦術を2つ提案した。おそらく賛否両論ある戦術であると思うし、どこまで実現可能性があるかは分からない。ただ、私なりに東京オリンピックの戦術トレンドを整理していく中で生まれてきた新戦術であることは強調しておきたい。唐突に沸いてきた戦術ではなく、現在の戦術トレンドを起点に考えたものである。新戦術は常に過去の戦術の歴史的変遷の影響を受けている。

最後に、私の提案した新戦術を遂行するために最も重要なモノをあげておきたい。

それは、アンダーカテゴリにおける育成改革である。先述した通り新戦術の遂行のためにはオールラウンドプレーヤーの育成が必須である。オールラウンダーを育成するには気が遠くなるほどの時間と手間がかかる。10年、15年といった長期的なスパンでプレーヤーを育成していく必要がある。しかし、現状のところ残念ながらそのような環境や風土が日本のバレーボール界に整っているとは言い難い。

アンダーカテゴリの育成改革は急務である

とても大きな変化が求められている。

ただ、そんなことはみんなわかっている。

ただ、標的(アンダーカテゴリの育成改革)が巨大すぎる。

だからといって、1人のコーチにできることがないかというとそんなことはない。

目の前にバレーボール・プレーヤーがいるのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました