Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

ポーランド男子代表チームに見る『ゲームモデル』と『プレー原則』分析

面白すぎるぞ。男子ネーションズ・リーグ。

どのチームも個性的なプレーヤーが揃っていて、その国らしさというものを感じるのではあるが、特にポーランド男子代表チームにはそれ、つまりは『ゲームモデル』と『プレー原則』というものの存在を強く意識させられる。

サッカー界では、チームとして『ゲームモデル』『プレー原則』を明確に言語化して戦術的に戦うというのが主流になっていて、ゲームモデルの作り方に関する書籍やトップリーグのチームのゲームモデルやプレー原則について特集された雑誌などが一般に出回っている。サッカーのドブの素人である私が読んでいてもワクワクする内容だ。

いつかバレーボール界でも『ゲームモデル』や『プレー原則』について当たり前に議論されるような日がやってくることを祈ってはいるのだが、祈っているだけでは事は進まない。

そこで、とあることを思いついた。

それは、私の独断と偏見によってポーランド男子代表チームの『ゲームモデル』と『プレー原則』を勝手に記述してみるという企画である。

ゲームモデルとは

さて、『ゲームモデル』と聞いてそれとなくどんなものかのイメージはできると思うが、もう少し掘り下げてみよう。『ゲームモデル』という言葉が最も当たり前に使われているスポーツは先述した通りサッカーである。

その歴史は古く約40年前まで遡る。ゲームモデル発祥の地はポルトガル。ポルト大学のビトール・フラーデ教授によって提唱されたものである。ゲームモデルは日本語訳すると「試合模型」「試合設計図」となるが、この先の細やかな言葉の定義については人によって微妙にズレが生じているというのが私の印象である。そのため、ここでは私なりの解釈を少し書いておきたい。ゲームモデルを別の言葉で言い換えるのであれば、私はそれは「プレー・システム」と言いたい。バレーボールであれば、コート上に立つ6人のプレーヤーがゲームに勝利するため最も効率的かつ効果的にプレーできるようにするための仕組みである。

しかし、これではまだ抽象的すぎるだろう。

私がとやかくゲームモデルについて長々語るよりもっとよい方法を思いついた。

以前、YOUTUBEでバレーボール界のレジェンド、フリオ・ベラスコ氏が至極分かりやすい例えを用いながらゲームモデルについて語っているのを思い出した。正直、これほどわかりやすいゲームモデルの説明はないだろうと思う。まずは以下をご一読いただきたい。

インタビュア:世界最高の選手がいたとしてもチームコンセプトを持っていないといけないものでしょうか。

フリオ・ベラスコ:間違いない。

インタビュア:それは絶対欠かせないものですか?

フリオ・ベラスコ:欠かせないという意味ではない。チームが持っているシステム(ゲームモデル)というのは選手によって適応するんだ。もし世界最高の選手を持っているなら、その選手が世界最高のプレーをするためのシステムが必要なんだ。そうゆう問題なんだよ。システムというのは絶対的なルールというような物ではないんだ。システムは試合で発生するノーマルなシチュエーションを解決するものだ。

インタビュア:状況を解決する為にシステムはあるということですか?

フリオ・ベラスコ:想定の範囲内の状況、スタンダードな状況を解決するものだ。もし相手がシステムを壊してきたらそれを解決する個人の能力が必要になる。これは交通ルールと一緒だ。道路交通はシステムのようなものだ。

インタビュア:道路交通はシステムですか?

フリオ・ベラスコ:そうだよ!どこで止まって、いつ止まるか又は止まらないかが決まっている。

インタビュア:そして?

フリオ・ベラスコ:もし交通ルールが無かったらとんでもないことになる。そして、もし自分の目の前の車が突然心臓発作を起こして車が急停車したらそれを避ければ助かるし避けられなければ終わりだ。

インタビュア:素晴らしいです。これ以上ない説明だと思います。つまり想定外の状況ではシステムが解決するのではなく個人の能力で解決しなければいけないということですね。

フリオ・ベラスコ:そうゆうことだよ!例えば守備でシステムがあるのに味方が突然プレッシャーに出たら…

インタビュア:ではあなたはどちらを好みますか?フリオさん本当に素晴らしいです。敬意を示したいと思います。システムが解決する事とタレントが解決するのとどちらを好みますか

フリオ・ベラスコ:誰が?

インタビュア:あなたです。チームのリーダーとして。

フリオ・ベラスコ:自分にとって?両方です。私はシステムで状況を解決できない時に選手に創造性を発揮することを強く求めます。ただチームとして試合でやることをトレーニングします。システムは道路交通と共通する部分があります。それは重要じゃない事に頭を使ってはいけないということです。そうすれば創造性を発揮する為の脳のエネルギーを残すことが出来る

youtube

彼のインタビューを楽しんでいただけただろうか。

では、このインタビューを参考にして、ゲームモデルについて箇条書きでまとめてみたい。

・ゲームモデルとは、実際のプレーヤーを見て実際に適用されるシステムである
・ゲームモデルとは、コート上の6人のプレーヤーが最高のパフォーマンスを発揮するために必要なシステムである
・ゲームモデルとは、決してルールのようにプレーヤーを縛るものではなく、むしろ自由を与えるものである
・ゲームモデルとは、ゲームの想定内の状況を解決するためのシステムである
・ゲームモデルとは、プレーヤーの創造性を無駄に消費させないためのシステムである
・ゲームモデルが相手に破壊された際、つまり想定外の状況では個の自己解決能力でその問題に対処する必要がある
・ゲームモデルと個の自己解決能力。チームにとってどちらも必要不可欠なものである

プレー原則とは

それでは、続いてプレー原則についても考えていこう。

プレー原則を一言で表すのであれば、ゲームモデルをさらに具体的に言語化(タスク化)したのものである。

ゲームの各々の局面毎にプレー原則(主原則・準原則・準々原則…)が設定される。そして、プレーヤーはこのプレー原則をタスクに落とし込んだトレーニングを行うことで「無意識」レベルでプレー原則に沿ったプレーできるようになるのである。そうして、コート上に立つすべてのプレーヤーがプレー原則に沿ったプレーができるようになった矢先には、そのチームのゲームモデルの存在が色濃く表出されるのである。

ポーランド男子代表チームのゲームモデルとプレー原則

『ゲームモデル』と『プレー原則』についての理解が進んだところ、ここからはポーランド男子代表チームの『ゲームモデル』と『プレー原則』について考察を深めていきたいと思う。

VNLでの試合を見て私なりに推測・創造したものであることはご了承いただきたい(試作品の試作品くらいで考えていただきたい)。ここでの記述については思考錯誤の真っ只中であるが故、様々なご意見もいただくことができれば幸いである。そこにまた新しい学びが生まれるのではないかと思っている。それでは、5つの局面に分けて各局面下でのゲームモデルとプレー原則について記述をしていこう。各局面の設定方法についても思考錯誤中であるため、局面をどのように考えていくのがよいのかについても読者からのご意見をいただきたい。

それぞれの記述の前に、参考までにVNLのいくつかの試合の動画(ハイライト版)を貼り付けておくとする。

【ゲームモデル】
いかなる状況においても、下記3点を目指してプレーする
・相手ブロッカーに対するアタッカーの数的優位(最低等位)の確保
・相手アタッカーに対するブロッカーの数的優位(最低等位)の確保
・オンアタッカーの最大パフォーマンス発揮(最も良い状態で攻撃できる)

【プレー原則】
サービス局面
●主原則:
相手チームアタッカーの数的優位の破壊
●準原則:
サーバー:アウトサイドヒッターを狙った攻撃的かつコントローラブルなサービス
フロント:バンチ・リードからのディフェンス準備
フロア:フロント・ディフェンスと連動したディフェンス準備

デフェンス(レセプション)局面
●主原則:
・アタッカーの数的優位の確保
●準原則:
・レセプション:攻撃参加するアタッカー全員のアプローチ空間と時間の確保
・セッター:アタッカーの「間(相手ブロックとの間・ネットとの間・ボールの浮遊時間)」確保
・アタッカー:最大パフォーマンスを発揮できるアプローチの確保

アタック(レセプション・アタック)局面

●主原則:
・オンアタッカーの最大パフォーマンス発揮
●準原則:
・オンアタッカー:「間(相手ブロックとの間・ネットとの間・ボールの浮遊時間)」を最大限生かした攻撃
・オフアタッカー:相手のキルブロックに備えたフロアディフェンスへの切り替え
・セッター&リベロ:相手のキルブロックに備えたフロアディフェンス

ディフェンス(ブロック&ディグ)局面

●主原則:
・ブロッカーの数的優位(最低等位)の確保/アタッカーの数的優位(最低等位)の確保
●準原則:
・ブロッカー:バンチ・リードからのブロッカーの数的優位(最低等位)以上の確保
・ディガー:フロント・ディフェンスと連動したポジショニングと全アタッカーのアプローチ空間と時間の確保
・セッター:アタッカーの「間(相手ブロックとの間・ネットとの間・ボールの浮遊時間)」確保
・全アタッカー:最大パフォーマンスを発揮できるアプローチの確保

アタック(トランジション・アタック)局面
●主原則:
・オンアタッカーの最大パフォーマンス発揮
●準原則:
・オンアタッカー:「間(相手ブロックとの間・ネットとの間・ボールの浮遊時間)」を最大限生かした攻撃
・オフアタッカー:相手のキルブロックに備えたフロアディフェンスへの切り替え
・セッター&リベロ:相手のキルブロックに備えたフロアディフェンス

『ゲームモデル』と『プレー原則』の考察を通じて

ポーランド男子代表チームに上記に記述したような形で、明確に言語化された『ゲームモデル』と『プレー原則』が存在し、チーム内で共有化されているのかは定かではない。

しかし、私にはチームとして『ゲームモデル』が存在し、それに伴ったプレー原則に従って終始プレーしているように見えた。だからこそ、『ゲームモデル』と『プレー原則』を記述しようと思ったわけである。

また、今回の記述プロセスを通じて、『ゲームモデル』と『プレー原則』がプレーヤーを型にはめて、プレーヤーの個性(創造性)を奪いとるようなものではなく、むしろプレーヤーの個性(創造性)を発揮させるための手段として有効なものだということを理解できたように思う。

個性(創造性)というのはただ自由にやらせておけば、勝手に発揮されるようなものではなく、ある一定のルール(制限)があるような状況下において発揮される『モノ』なのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました