Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

スローかつ包括的一貫指導体制の構築を目指して

龍神NIPPON・中垣内祐一監督が5年間を総括
 19日(日)に今シーズンでの退任を発表した男子日本代表チーム・龍神NIPPONの中垣内祐一監督が、「第21回アジア男子バレーボール選手権大会」の決勝後にリモート記者会見を行いました。  中垣内監督は2017年4月の就任から東京2020オリ

東京オリンピックで指揮をとった日本代表チームの中垣内監督が辞任を発表するとともに活動期間5年間の総括を行なった。

本記事では、総括の中で触れられている強化の3本柱の中でも特に「一貫指導体制の確立」をについて焦点を当て考察を深めていきたいと思う。

強化の3本柱を簡単レビュー

まずは、強化の3本柱について簡単に触れておきたい。

(1)外国人コーチの招へい、選手が海外挑戦することの積極的支援

(2)サーブを中心としたディフェンスからのブレイクを目指す

(3)一貫指導体制の確立

(1)ブランコーチを招聘し、彼を信頼して任せるべき部分を明確にしていた様子は試合中の様子などを見ても明らかであった。また、選手の海外挑戦への支援という点においても、大会後ではあるが代表チームの3名が海外リーグ参戦を明らかにしていることからも確実に身を結んでいると言えるのだろう。世界的コロナ感染拡大がなければもっとより多くのプレーヤーが海外リーグに挑戦していたのではないかとも思える。

(2)東京オリンピックとその前哨戦とも言えるVNLでのゲームを見ていてもその意図は見てとることができたように思う。ビッグサーバーの個人能力に頼るのではなく、各プレーヤーの特長を活かしたサーブを起点としたトータルディフェンスを敷き、そこからのシンクロ攻撃(同時多発位置差攻撃)でブレイクを狙う場面を多く見られたように思う。

さて、ここまで強化の3本柱のうち(1)と(2)について簡単に触れた。

ここからは、本記事の主題となる(3)『一貫指導体制の確立』における実際の取り組みとその成果について少し詳しく見ていきたい。まずは本記事冒頭で紹介した記事の抜粋を紹介したい。

(3)一貫指導体制の確立
U19、U21、U23、シニアと色々なカテゴリーがあり、それを一貫指導して、縦のラインとして引っ張り上げた。加えて選手の所属チームにも我々の練習していること、目指していることをご理解いただき、選手に対する育成の情報を共有した。1年に6か月間しかない日本代表の強化期間を、(所属チームで過ごす6か月間と合わせて)12か月間行うべく、所属チームにもお願いをした。我々が日頃選手に求めていることを所属チームとも共有したことで、選手の早期成長にもつながった。

龍神NIPPON・中垣内祐一監督が5年間を総括

上記の記事抜粋を読んでの感想は「なるほど!」の一言であった。東京オリンピック代表チームは、過去の代表チームとは明らかに様子が違っていた。どのプレーヤーが入ったとしてもチームとしてやりたいバレーボール、即ちゲームモデルというものがはっきりとしていた印象がある。ブレが感じられなかった。この背景には彼が代表選手の所属するチームに対して、しっかりと代表チームのゲームモデルというものを共有し、それを理解してもらうために地道なアプローチを続けたことがあったと想像できる。

彼の言う「一貫指導体制の確立」という取り組みは確かに正しかったということを結果も証明しているように思える。

彼は4年間(実際は5年間)という限られた時間の中で、強化の3本柱という明快かつ具体的なコンセプトの元、日本代表監督という重責を全うしたと言えるだろう。

されど、突貫工事的かつ局部的な一貫指導体制

さて、ここからは本記事の主題である『一貫指導体制の確立』をさらに深掘りしていきたいと思う。

彼が代表監督に就任してから東京オリンピックまで与えられた猶予は4年であった(実際、コロナ禍で1年延期されたので5年)。つまり、彼は4年間で成果(オリンピックでの勝利)を出すという前提の元で、代表チームの強化を始めたわけである。よって、彼の言及している『一貫指導体制の確立』というのは東京オリンピックにおいてレベル的にも年齢的にも代表選手になり得るプレーヤーのみが対象範囲となる。よって、記事抜粋にもあるように、その範囲は「U19、U21、U23、シニア」となるわけである。彼は代表監督という立場から、その範囲においての『一貫指導体制の確立』に取り組んだのである。

しかし、本当にこれでよいのだろうか。「U 19」〜「シニア」カテゴリまでだけを指して、『一貫指導体制の確立』と言っていいのだろうか。

私はあえて、はっきりと『ノー』を言いたい。

まず、彼が取り組んできたことを否定するつもりは毛頭ないことを先に言っておきたい。むしろ、彼の5年間の取り組みは賞賛されるべきだとさえも思っている。この前提の元で、ここからは私なりの考えを書きたい。

彼が取り組んだ『一貫指導体制の確立』というのは、彼の職務に直接的に関与する範囲の『一貫指導体制の確立』でしかない。東京オリンピック仕様の期間限定の『一貫指導体制の確立』でしかない。突貫工事的かつ、局部的な一貫指導体制であると言わざるを得ない。これでは、4年毎に監督が変わる度、●△□オリンピック仕様の一貫指導体制を確立するということになってしまうのではないだろうか。

4年というスパンはプレーヤーの育成という観点から眺めてみると極めて短期的なものだ。プレーヤーの育成には途方もなく膨大な時間がかかるのだ。

スローかつ包括的な一貫指導体制の構築が必須

では、代表監督が実際5年間取り組んできた突貫工事的かつ局部的な『一貫指導体制の確立』から私たちは何を学び、今後どうしていけばいいのだろうか。

私が強く主張したいことはまとめると次の通りだ。

『突貫工事的かつ局部的一貫指導体制』から『スローかつ包括的一貫指導体制』への移行

もう少し具体的に言うなら次の通りである。

突貫工事的かつ局部的な一貫指導体制とは、中垣内監督が任期の中で取り組んできたことを指している。東京オリンピックでの戦いぶり、その最終結果から見てもこの取り組みの一定の成果は確認できたと言える。しかし、これだけでは不十分なので、もっとスローで、かつ包括的一貫指導体制の構築が急務であると言いたいのである。

ここで言うスローとはプレーヤーの育成には時間がかかるということを表現したものである。そして、包括的とは「グラスルーツ(幼児・小学校低学年)」から「シニア」カテゴリまですべてのカテゴリを一貫指導体制の中に含んでいるという意味合いで使っている。

3年後にはパリ五輪が迫っている。もちろん、そこに照準を合わして代表チームを創っていくことも重要である。しかし、そこだけを目指していては先が続かない。短期的には合理的と思えるかもしれないが、長期的視点から眺めてみると非合理的なことだと言えるのではないだろうか。

今回の東京オリンピックで男子代表チームは一筋の希望を日本バレーボール界に与えてくれた。それはまぎれもない事実である。だからこそ、3年先のパリ五輪だけを見据えるのではなく、もっと先の10年後、15年後、20年後を見据えて、スローかつ包括的な一貫指導体制を構築することに日本バレーボール界が持つ多くのあらゆるリソースを投入すべきであると思っている。

世界のスローかつ包括的な一貫指導体制に目を向ける

そんな夢見心地なことを言っている場合ではない。目先に迫るパリ五輪に向けて日本バレーボル界の全リソースを投入すべきだと思うかもしれない。

しかし、世界に目を向けてみてほしい。

今まさに世界の強豪国が。成長著しいあの国が。スローで包括的な一貫指導体制を独自に構築し、そして運用している最中なのだから。

世界に目を向けてみれば、スローで包括的な一貫指導体制が実在していることに気付かされる。本記事では2つの国をフューチャーしたい。

『すべてを学んでほしい』という育成システムを構築するブラジル

世界の強豪国。ブラジルから眺めていこう。

まずは、日本バレーボール界に馴染みのあるブラジル人コーチのアントニオ・マルコス・レルバッキ氏のインタビュー記事から見ていこう。彼は1982年からブラジルで各年代の指導をしてきた実績がある。彼によると、ブラジルには国としてプレーヤーを育成するシステムがしっかりと構築されているということだ。

「育成のプロ」が見る日本バレー。「自信を取り戻すためには『満足しないこと』」(田中夕子) - 個人 - Yahoo!ニュース
10月21日に開幕するVプレミアリーグ。堺ブレイザーズにアドバイザーコーチとして加わった「育成のプロ」、アントニオ・マルコス・レルバッキ氏が語る、日本バレーの課題とは。

ブラジルでは15歳になるまでの間に、すべてのポジションを経験させる。身長が高い選手も低い選手も、同じようにサーブレシーブをして、トスを上げ、スパイクを打ち、ブロックをする。すべてのポジションを経験する中で、最も適したポジションを探し、すべてを学んでほしい、というシステムが築かれています。それぞれの個性を生かすために適したポジションを決め、ポジションごとに必要なメニューを強化するウェイトトレーニングに取り組むため、19歳になる頃にはフィジカルもバレーボールの基本技術もほぼできあがっている状態になります。ですから、バレーボールの戦術やブロックとレシーブのシステムなど次の段階へ進むこともスムーズにできるのです。

「育成のプロ」が見る日本バレー。「自信を取り戻すためには『満足しないこと』」

日本の育成システムと比較しながら、彼のインタビューを読むとその違いに驚くのではないだろうか。

まず特筆すべき日本との違いとして『すべてのポジションを経験する』と言う点が挙げられるだろう。この一言に尽きる。日本の育成システムの上で、すべてのポジションをすべて経験することができるプレーヤーはほんのひと握りだろう。

日本の小学生カテゴリでは、フリーポジション制という特別ルールの元でポジションの固定化が常態化している。全てのチームがそうではないが、背の低いプレーヤーはレシーブを優先的に練習し、背の高いプレーヤーはブロックやアタックといったプレーを優先的に練習するというのが当たり前となっている。早期の分業化である。

そして、次のカテゴリに上がる頃には既に専門的なプレーヤーとなっている。このことがプレーヤーの持つ可能性を大きく毀損し、奪っているということには容易に想像できると思う。

ブラジルと日本の育成システムの違いについて詳細に書き出すと、もう一つの記事を書けるくらいの分量になるだろうからこの程度に留めておくこととする。さらに詳しくブラジルの育成事情について知りたいと言う方は下記の書籍をお読みいただくことをお勧めする。少し古い書籍ではあるが、基本的なブラジルの育成理念という点においてそれほど大きく変化していることはないだろうと思う。

ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」 | 米虫 紀子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで米虫 紀子のブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」。アマゾンならポイント還元本が多数。米虫 紀子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

国家戦略としての『LTAD』を導入するカナダ

さて、次に成長著しい国。そう、カナダについて見ていこう。

オリンピック直前のネーションズリーグで日本はカナダにストレート負けを喫し、その雪辱を晴らすかのようにして東京オリンピックでは勝利した。カナダとの激戦はみなさんにとってまだ記憶に新しいのではないだろうか。

そんなカナダ代表の世界ランキングは東京オリンピックを終え、日本に続いての12位。世界的に見ると日本と同等レベルのチームである。また、成長著しいと表現したカナダ代表チームだが、2000年代以降のオリンピックの成績を見るとこの意味が分かっていただけるのではないかと思っている。下記の画像を見て欲しい。Wikipediaから拝借したものである。

多くのオリンピックにおいて『did not qualify』の表記が目立っているが、これは『参加資格なし』という意味で、予選の段階で敗れているということを意味している。1992年のバルセロナ大会で10位に入って以降、5大会連続でオリンピック出場を逃している。しかし、2016年のリオオリンピックでは5位と大躍進を遂げて東京オリンピックでも日本を苦しめ、8位にランクインしている。近年、力をつけてきているということは明らかである。

ここ20年の間にカナダのバレーボール界では一体何が起こっているのだろうか。もちろんその要因には様々なものが絡み合っていて、多角的・客観的に分析する必要があるだろう。ただ、要因の一つとして大きな影響を与えていると考えられるものがある。それが、カナダのスポーツ庁が率先して取り組んでいる育成大改革とも呼べる『LTAD(長期アスリート育成モデル)の導入』である。

LTADとは『Long Term Athlete Development』の略称であり、長期的アスリート育成モデルとも訳されている概念である。

長期的視点から国際競技力の向上を目指すトップアスリートの育成を主たる狙いとしつつも、その対象をトップアスリートを目指すような競技者だけではなく、スポーツをレクリエーションとして楽しむことに主眼を置いた一般国民にまで広げている。

「国際競技力の向上」と「国民スポーツの振興」というトレードオフの関係にあるように思われる課題を同時に解決していこうとする構造を持っているのがLTADの概念の特長である。

このLTADという育成概念は、世界的に見れば標準的なものとして認知されてきているが、カナダほど競技団体を枠を超えてこのLTADの概念が浸透している国は稀であるようだ。下記の論文抜粋から、カナダのLTADがどのようにして浸透していったかを感じてもらうことができるのではないだろうか。

2002年、カナダ・スポーツ省は「カナダ・スポー ツ政策」を策定し(Sport Canada,2002)、カナダ全州政府がこれを承認し、さらに 2002-2005 年までの 実施基本計画を発表した。ここでの基本理念とし て、1)カナダ国民のスポーツ参加促進、2)国際競技力向上、3)これらを促進するためのシステム、インフラ、環境等の整備、4)スポーツ関係組織 間の連携強化、の四つをあげている。続いて 2005 年、2007-20012 年版実施基本計画を策定し、ここではじめて LTAD を導入した(Sport Canada,2005)。 全州は直ちにこれを承認し、競技団体もこぞって LTAD を採用することになった。今日、カナダの競技団体はほぼ例外なく LTAD を基本の育成モデルとして位置づけている

カナダ陸連の長期競技者育成計画 (LTAD)

この論文を読む限りカナダは『国家戦略』として、LTADの概念を各競技団体へ導入している。恐るべきカナダ。競技の枠を超えてどの競技においても育成モデルとしてLTADが浸透している点はこの国家戦略が緻密に計算されていたこと、そしてLTADの概念自体が普遍性を持ち、多くの人に共感されるものであったということのだろうと想像する。

そしてもちろん、カナダバレーボール協会も多分漏れず、このLTADの概念を元にバレーボール競技者のための育成モデルを構築している。下記の資料を見てもらえれば分かるが決して「やっつけ」作業ではないということが分かっていただけるだろう。これは「本気」と書いて「マジ」なやつである。

カナダバレーボール界の叡智を集結させ、64ページにも渡る素晴らしいマニュアルが完成している。

その名も『VOLLEYBALL FOR LIFE』である。この題名からもLTADの概念をしっかりと感じとることができる。

VOLLEYBALL FOR LIFE

最上部の画像はマニュアルの表紙である。お気づきの方もいると思うが左上部に「2006」と記載がある。2005 年にカナダのスポーツ省がLTAD を導入してわずか1年の間にここまで具体性の帯びた育成モデル(ガイドライン)を構築しているのだから本当にすごい。カナダバレーボール協会の本気度にはあっぱれである。

次に、マニュアルの表紙に続くカラフルな一覧表の画像についても説明する必要があるだろう。これらはLTADの全体像であるからだ。「なぜ2つあるのか?」と疑問を持った読者もいるだろう。そう、そうなのだ。性別毎に作成されているのである。基本的に大きな枠組みに違いはないが、性差による発達段階の差を考慮してのものだと思われる。こうした部分からもカナダバレーボール協会の本気度を感じることができる。

ここからはさらに踏み込んでこの全体像の中でも特筆すべき点について言及していきたい。便宜上、ここからは『男性用』の全体像を眺めていくことを先に断っておきたい。

まず、最初に私が驚いたのはLTADの育成モデルが対象とするカテゴリの広さである。6歳から28歳まで実に約20年スパンで育成というものを捉えている(実際は「28+」と記載されているので、それ以上の年齢のプレーヤーも対象であるとも言える。メインは28歳までと捉えればよいだろう)。

そして、さらにそこから2歳〜4歳幅でカテゴリを細分化し、LTADの概念に基づき各カテゴリのフェーズを定義しているのだ(例えば6歳〜8歳のカテゴリであれば『FUNadmentals(基本)』と定義されている。「FUN」を敢えて大文字にしているのには”楽しさが基本”ということを強調している。こういった細かいところも素敵だ)。

そして、各カテゴリのフェーズ毎に、何を大切にしてどんな取り組みをすればよいのかを様々な視点から具体的に言及している。

本記事では特に、『Competition Focus(競技の焦点)』と『Competition Categories(競技分類)』という視点に着目し、低年齢カテゴリから(図で言うと左から)順番に眺めていきたい。

まず、U9のカテゴリである。ゲームの中でも特に『Fun(楽しさ)』に焦点を当てるべきだとしている。そして、対戦形式として『ミニバレー(「1on1」から「3on3」まで)』を採用することが推奨されている。このカテゴリでは、ゲームでの勝敗以上に楽しさに焦点が当てられ、チームメンバーを少なくすることによってバレーボールの楽しさをシンプルに感じられるよう工夫されているのである。

次に、U 12のカテゴリである。『House Leage』が採用されている。これが意味するところについてなかなか日本語で解説されている情報を見つけられなかった。しかし、カナダ南東部に位置するオンタリオ州のサッカークラブのサイトでこの言葉について分かりやすく解説されたページを発見したためここに紹介しておく。

House League is a community-based recreational league open to all players of any skill level and ability. Our House League program is strategically designed to offer fun and excitement to children in a team format, while supporting a healthy and active lifestyle for all players. The program is aligned with Long Term Player Development (LTPD) guidelines put forth by Ontario Soccer, ensuring players get enough touches on the ball and are able to truly enjoy the beautiful game!

HOUSE LEAGUE

上記サイトの情報から『House Leage』の説明を試みたい。ハウスリーグとは地域に根ざしたリクレーション・リーグであり、スキルや能力に関係なくすべてのプレーヤーに対して開かれたものである。そして、プレーヤーが十分なボールタッチを経験でき、ゲームを心から楽しむことができるものである。また、ネーミングからも分かるように限られた範囲(地域)内で行われるリーグ方式を採用したものである。


上記はサッカーの説明ではあるが、この内容はバレーボールについてもそのまま当てはまるだろう。そして、対戦形式には下位カテゴリから段階的に発展した『Atomic Volleyball(4on4)』の採用が推奨されている。「Atomic(原子的)」からも分かるようにバレーボール・ゲームのエッセンスが盛り込まれた最小単位のゲームをこのカテゴリではたくさん経験することを狙いとしていることが分かる。

次に、U 14のカテゴリである。『School League & Club Province championship』 が採用されている。これが意味するところとしては、学校単位でのリーグ戦とクラブ単位で各州(日本における都道府県)毎に行われる選手権大会の併用である。日常的にはリーグ戦を戦い、年に1回もしくは数回は選手権大会に出場するというのが推奨されているのだろう。

日本とカナダでは国の規模、国土、さらにスポーツ環境があまりに違うため、そのままこれを日本に当てはめるというのは難しいのかもしれないが、参考にすべき点は多いにあるだろうと思う。そして、対戦形式としてここで初めてこのカテゴリで通常ルールと同じ『6on6』の採用が推奨されている。

次に、U 16のカテゴリである。『School League & Club  Regional championship』が採用されている。U 14と違うのはクラブ単位で戦う選手権の参加地域(チーム)が拡大される点だけである。日本で当てはめて考えようとするのであれば『都道府県大会』から『地方大会(例:四国大会・近畿大会)』になって大会規模が大きくなると考えればいいだろう。基本的な考え方は U 14と同じだと言える。

次は、U 18のカテゴリである。『Provincial & National Championships』の採用が推奨されている。これは日本でいう『春高バレー』に近いのではないだろうか。詳しい対戦方式(リーグ・トーナメント)の詳細までは分からないが都道府県予選を勝ち抜いた代表チームが全国大会を戦うといった形式になるのだろう。また、カナダの義務教育制度では基本的に(州などによって異なることもある)16歳までが義務教育となっている。そのためか、U 16以降のカテゴリでは「学校」「クラブ」といった表記がなくなっている。

次は、U 21のカテゴリである。『CIS(Canadian Interuniversity Sport) , CCSS(Canadian Colleges Athletic Association) champs. can game NTCC( the National Team Challenge Cup) 』が採用されている。これはカナダ国内の大学スポーツでの選手権大会を指している。また、NTCC(カナダ代表チームチャレンジカップ)に参加も可能ということだ。NTCCについての詳細はこれ以上掴めなかったので詳しい説明は割愛させていただく。

そして、最後にシニアカテゴリである。つまりトップチームだ。ここについては言わずもがな、オリンピックや世界選手権へ参加することになる。

日本人の日本人による日本人のための『スローかつ包括的一貫指導体制』

さて本記事では、日本代表元監督の中垣内氏の総括を起点に、日本に必要とされる『一貫指導体制の確立』とは何かを考えていくために、海外の育成事情を簡易的にではあるが2ケース分紹介してきた。世界のトップを直走るブラジルと成長著しいカナダの育成事情を少しでも感じてもらえたのであれば幸いである。

が、感じるだけでは何も変わらない。

ここで紹介した2ヵ国の育成事情を知り、羨ましがったり、日本という環境では実現することはできないと思っって諦めてしまうことには何の意味も価値もない。また、「そのまんま」海外の育成システムを真似しようとしたところで、絶対にそのシステムは破綻する。稼働することはないだろう。

しかし、海外から真似ぶ(学ぶ)ことを通じて、そこから日本人のためのスローかつ包括的な一貫指導体制を創造していくことはできると信じている。

日本人の、日本人による、日本人のための、スローかつ包括的な一貫指導体制

そんな一貫指導体制を、日本バレーボール界の叡智を総動員して創り上げていきたい。

そんな想いが今私には溢れているところである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました