Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

2022.4.9.Advance

練習中に

「攻めろ」「相手を見ろ」

と言われたことは誰しもがあるのかと思いますが、

「攻めろ」とか

「相手を見ろ」って

具体的にどんなことなんでしょうか?

攻めるとはどういうことか?

「相手を見た」ところで、
何も把握できなかったら見てるだけになりますからね〜(笑)

ニュアンス的に「check」が近いかと思います。

「いつ、どこを、どんなふうに」チェックするのか、、、

ということは教えてあげないといけませんね。

攻めろは、ONESでは「得点を取りにいく」と定義しています。

DFの状態をcheckする、というのが相手を見るに近いと思うので、
「相手を見ろ」というのをやめて、

「checkして」といった方がいいかもしれませんね。

そして、得点を取りに行くことが大事なので
練習中にどれだけ落とし込めているか、

それをゲーム中に端的に短い言葉で理解し、やり取りができる、という状態まで持っていきたいです。

そして、この日のコーチ陣の水分補給は「樹液」チャージ!
もはや樹液をのんでコーチングしている人はいないだろうな。

だって前向きに雑賀香苗コーチが勝手に攻めてやってることだから。雄太コーチ、何も言えねーです。(笑)
でもね、こんな風に樹液の話をしながら、たわいもない話をし、しかも楽しみながら選手とプレーするのが最高なのです。

雑賀香苗

タイトルとURLをコピーしました