Profile
Person who wrote this article

ライフ・ワークはバレーボール探求。本サイトでは、バレーボールに関する情報を発信しています。また、バレーボール・アカデミーの経営・コーチングをしています。

【資格】国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ Level2/日本スポーツ協会 コーチ4/バルシューレジャパンC級指導者/中高教諭1種免許(英語)

Saika Yutaをフォローする

2022.4.5.Standard

指導者に言われた事しか出来ない選手を生まない。

監督がプレーする訳ではありませんからね。コートの上に立つ選手が自分自身で、しかも無数にある選択肢の中から一瞬で判断しなければならない!

だから、ONESでは操作可能な制約を大きくしたり少なくしたりして選手に適応してもらうようにしています◎

コーチから教わった事なんて2週間経てば消えて忘れていくものです🤣でも自分の脳や肌で学んだ事は一生覚えていると感じます!

動画はまだまだ若手の選手と、今日がバレーボールデビューの選手

しかし、既にこの選手達が求めているのは、学ぶこと・挑戦していくことでした❤️‍🔥

ここで重要になる指導方法は『同じ事を何回も何回も繰り返さないこと』

できるまで続けさせても適応が限界を迎えるわけです。同じパターンを使い続けていたら、何も上手くいきません。

我が子も含めて子供達に落ち着きがないのは、そう言う理由で

「楽しい事がしたい」

「新しい事をしたい」

「適応したい」

と言う欲求の表れだと考えています。

スポーツは、体の違いを感じとり、自分の適応を学べますよ。

年齢のせいにされてしまいがちですが、変動性の高い環境をこの年代から創っていきたいと思います。

楽しみ試行錯誤しながら自然と身についていたと言うのが、学習方法として大切だよね。

雜賀香苗

タイトルとURLをコピーしました