英語はやはり選択肢を広げる最強ツールだ。

「:;+**++>&%%#$}*+>>>+*?++…!!!」

電話越しに聞こえてきた言語を表すとこんな感じだろうか。

海外旅行に関することで、聴きたいことがありロシア大使館に電話した。その第一声は全くもって理解不能。分かったのはロシア語っぽいということだけである。

しかし、私は負けずに、バリバリ日本語で言ってみた。

「ビザのことで聴きたいことがあるのですが、今ちょっとお時間よろしいですか?」

日本語のHPに記載してあった電話番号だから、日本語しゃぺれるでしょう!という淡い期待からこのように質問してみたわけである。

しかし、相手(おそらくロシア人)も私が言っていることはこんな感じに聞こえたのだろう。

「:;+**++>&%%#$}*+>>>+*?++…??」

う~ん。電話ではノンバーバルコミュニケーションは通用しない。オンリー「バーバールコミュニケーション」である。

さて、どうするか?と思っていると、こんな提案をしてきたのである。

「Can you speak English?」

ほっほー。そう来るかと思いながらも私の頭には様々な思いが駆け巡ったのである。

「確かに英語は日常会話レベルでは話せるが、ビザの種類やその適用範囲といったまあまあ細かいことをニュアンスの間違いなく確認できるのだろうか。そもそも相手の英語レベルはどの程度のものなのか。お互いに日常会話レベルの英語で、ビジネスライクな会話をスムーズに「正確に」行うことが可能なのか。というか毎日、英語の授業はしてはいるけど外国人と英語で会話をするのは、大学生の頃に留学してからほとんど10年以上経っている。果たして俺大丈夫なのだろうか。そもそも英語教員と言いながら、こんな不安を感じている時点で俺はなんて情けない…。」

といった感じで、一瞬で様々な思いが沸き上がってきたのである。

こんな思いを持ちながら、「Yes,I can…」と会話を始めてみたわけだが、案外自分が思ったことは相手に伝わる。相手が言っていることも普通に理解できる。

「イケるじゃん。俺(笑)」

無事、会話が成立し私のミッションも達成され、ホッとして気持ちの傍ら、思い出される過去があった。

それは留学中に訪れたニューヨークで3日間ほど放浪した際のことである。ユースホテルなどに泊まりながらニューヨークをウロウロした。そこでは、様々な国の人と会話をする機会に恵まれた。フランス人やインドネシア人、韓国人…と会う人みんな国籍が違うことに驚いた。そして、そうした人たちと会話する際に使うのは当たり前のように「英語」なのである。

いや~それ当たり前や~ん。誰でもそんなことわかっているや~ん。」って突っ込みを入れたくなると思うが、これは実際に体験した人とそうでない人の間にはかなり大きな違いがあると私は思っている。

こうした経験をしているかしていないかで、英語を話したい!英語を使えるようになりたい!という気持ちに大きなギャップが生まれるだろうと思う。

そして、もう一つ。「英語で他国の人とコミュニケーションができた!」という体験をしている人はこう思うに違いない(と思う。)

英語が自由自在に使えたら、人生の選択肢めちゃくちゃ増えるんじゃね~?

そうなんです。

日本語しか話せないとなると、その人が経済的に自立して生きていける場所は基本的に「日本」だけだろう。でもこれが英語が話せると考えてみてください。世界中で経済的に自立して生活していける可能が出てきます。正確に数値化することはできませんが、数十倍、数百倍選択肢が増えると思います。

 

英語は選択肢を増強する最強のサプリメントである。(迷言) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました