自分は何者であるか。まずは名乗ること。

自我同一性の危機に陥っております。雑賀です。

さて、この危機から脱するためには行動あるのみと考えました。

関連記事:自我同一性

そして、まずは「社会人としての自分」を確立していくためにあるアクションをおこしました。

ただ、メッセージを送っただけですが…

私がしたこと。それはメッセージを送っただけ。

もう少し具体的に言うと、
これから私が挑戦しようと考えているバレーボールのブンデスリーガ1部で、
幾度もの優勝経験を誇るベルリンリサイタリングバレーというチームにメッセージを送った。ただそれでけ。

このチームには以前にも、フェイスブックのメッセージ機能を通じ、私の一通りの自己紹介をしてから

「なんでもいいから僕にできる仕事はないですか?」

とメッセージを送ったことがある。結果は、火を見るよりも明らかである。

そんなこともあり、一方的に憧れを抱いているチームである。また、ベルリンにいる間にもいつかコンタクトできればとなんとなくボヤーっと思っていたところ、

貴クラブのフェイスブックページをチェックしていた際、

「4月29日ファイナルマッチ」

といった見出しで投稿を見つけた。

「これしかないっ!」

と思ったわけだ。

雑賀的戦略思考

僕の戦略はこうである。

1.ベルリンに住んでいて

2.バレーのブンデスリーガに興味・関心を持っていて

3.ベルリンリサイタリングバレーのチームのことが好きで

4.日本人で

5.時間的余裕があって

6.バレーボールに関する情報を発信するためのサイト(アクセス数については触れないでおこう)を所有していて

7.バレーボールに関する価値ある記事を書きたくて仕方がない

こんな人間がどこにいるだろうか!?

私一人しかいないと確信した。

今度は以前の軽い感じではなく、公式ホームページの「コンタクトページ」からアクセス。

蛇足だが、公式ホームページが英語表示もできるようになっており、クラブの先を見越したマーケティング戦略に度肝を抜かれそうになった。

そして、感動冷めやらぬまま、コンタクトページへメッセージを送ったのである。

何者であるかは、名乗ることから始まる

メッセージの内容については、良い反応があればまた記事にしてみようと思うが、メッセージを送るときに意識したことは

「自分が一体、何者であるか」

私は「日本人スポーツライター(バレーボール専門)」としてのコミュニケーションを意識した。

そう。自分が何者であるかは自分が何者であるかを意識し、そう名乗ることから始まるのだと気がついたのである。

いつまでも自分でフリーランスと言ってその響きに高揚しているだけでは何も進まない。

自分でしたいと思ったことをする際に、それに合った名前をつけて、その者であるかのように振る舞うところから全ては始まるのだ。

「日本人スポーツライター(バレーボール専門)」としての経歴を華々しくスタートさせることになるかどうかは乞うご期待だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました