未知の世界には学びと衝撃しかない。

無事、ベルリンに到着して安心したのも束の間。

現地時間でちょうど14時に到着したのが、まずは初日の宿を決めないといけない。

空港近辺は少し田舎な感じなので、まずは中心地に行けば様々な情報に触れられるだろうと期待を寄せ、中心地に向かおうとする。

しかし、私はインターネットからの情報でプリペイドSIMをスーパーなど、どこでも購入できると聞いていたため、SIMの入っていないSIMフリー端末だけ持参していた。

こいつ使えね〜な。全く役に立たない。このスマホ。

SIMの入っていないi-Phoneはもはや高機能なカメラがついたスーパーミニワープロといったところだ。
空港から街にどうやっていくのか、街といってもどこが街なのかわからない。

事前に調べておくべきだった。行き当たりばったりにも程がある。これは困った。スマホがないと本当に困るものだと思いながらも、

右向け右の精神でドイツ人らしい人々や観光客一団と思われる「自分はどこに向かおうとしているのか明確」そうな人たちをフォローする。

チケットを購入するときも、

Center of Berlin!

と何度も叫びながら、言われるがままにクレジットカードを手渡し、電車に乗り込んだのである。

しかし、乗ったはいいがどこで降りるのかすら分からない。

ひとまず社内にある路線図を見て、多くの電車が停まりそうな駅を選択しそこで降りることに。

そして、その駅こそ後で分かったのだが、まさに僕の叫んだcenter of Berlinとも言える、

ベルリン中央駅(ベルリンちゅうおうえき、ドイツ語: Berlin Hauptbahnhof)

であった。

お〜自分の勘が当たっていた。いきなり奇跡を演出してしまった。

そして、駅を降りた私は完全なる情報弱者から脱却を図るためにSIMカードをゲットするため、どこでSIMカードを買えるのかを駅内に数カ所設置されたインフォメーションにいく。できるだけ優しそうなお姉さんに英語で質問してみる。

もしかしたら英語が苦手かもしれないから、ちょっとゆっくり発音してわかりやすい表現をしてみよう。とか、優しい気持ちで。

はい。そんな気遣い必要ありませんでした。。遥かに私よりも英語が達者でした。

ドイツ、ベルリンは英語で生活できると聞いていましたが、ベルリン中心地に関してはそんな感じなのでしょう。

久しぶりに外国人と英語で話をしたけれど、思った以上に言いたいことが自然に表現できないこともあるもんだな〜と感じながら、SIMカードを買いに行く。そして、私は日本でいうところのヨドバシカメラ的な電機ショップ?、MEDIA MarktにてSIMカードを購入することになる。

ネットで事前に調べていた情報だと、簡単にプリペイドSIMを購入できるとあったが、テロ対策などの関係で、色々と規制がかかるようになったとか。

運よく親切な店員さんに巡り合い、人生初プリペイドSIMについて解説を長々としてもらい、納得して購入。初期設定には、パスポートが必要だったりしてドイツが全くできない私には有難かった。

無事、プリペイドSIMカードデビューを果たし、早速そのスマホを片手に、グーグルマップを屈指して、親切な店員さんに教えてもらったユースホステルへ。

グーグルマップ最高。

誰にも負けないと自負している方向音痴な私が迷うことなく目的地に到着。ここでも親切な店員さんにエスコート?ガイドされるまま、一番安い部屋、dormと呼ばれるいわゆる2段ベットが複数設置されただけの部屋に決定。15ユーロ。約二千円というところでしょうか。悪くない。

よしよし!と思いながら、鍵を渡されて入った部屋に入ると、衝撃がそこにはあった。

なんだ、この香りは!!!!

グローバルな香り(獣のニオイ)

部屋の第一印象は香り。

オーマイガー。オーマイガー。高くても個室にした方がよかったか。。。

しかし、変更などできるはずもなく、3名の外国人、(ナイジェリア人・インド人・●○人←何度聞き直しても聞き取れなかった。すごい訛りでした。)としばし談笑(あまり笑いはなかった)。

ナイジェリア人のおっちゃんは親切だった。インド人の青年?は激しいなまりを持っており、集中して話を聞いても英語とそれ以外の言語が混じっているように聞こえる。また、僕が荷物の整理をしているところに突然、早口で話しかけてきて、「??」な反応したら、ちょっと切れ気味。さらに、大声で電話で英語なのかもはや判別不能な言葉で話す。話す。う〜ん。嫌な感じ。

なんともカオスな部屋の中で、50時間以上は横になって寝ていなかったため意識が朦朧としてくる。

とても安心して眠れる状態でないことはわかっている。

初対面の外国人3名を目の前に、僕は意識を完全にOFFにしてしまってもいいのだろうか。

僕のほぼ全資産とも言える荷物たちを手放した状態で、意識を失っていいのだろうか。

もう僕に正常な思考能力は残っていなかった。生理的欲求を爆発させて、19時ごろから爆睡。少しの思考力を使って、スマホとパスポートだけ、まくらの下には敷いた。不安も感じれなくなっていた。

ときたま、大きな喋り声に目が覚めるが体は動かず。ファーストインプレッションであった香りのことなど、なんの気にもならない。そんな自分が怖い。お風呂に入りたいと思うが、それもどうでもいい。1週間お風呂に入らなくても、その部屋の香りには追いつかないと思った。

そんなこんなで朝の6時には思考能力が回復していたので、そそくさと荷物をまとめてホステルのラウンジに来て、こうしてブログを綴っている。

今日は、完全に日記になってしまったが、直近はこんな感じになりそうだ。

そう思うベルリン1日目であった。

直近は、話のネタに困らないだろう。他にも書きたいことがたくさんあるのだけれども、後々ゆっくりと書こうと思う。日本にいては、こんなに書きたい、伝えたいという欲求は生まれていなかったかもしれない。

僕はこの一日をおそらく死ぬまで忘れない。

特に、あの部屋に入った衝撃の香りを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました