悪口≒ファストフード

私自身、人のことを批判的に見て、偉そうに評価するような癖があり、他人の悪口をしゃべっている間に多くの時間が経つようなこともしばしばありました。そして、自分でもそんな自分が嫌いで、何度も直そうとしてこれまで生きてきました。

そして、最近の自分を振り返ってみるとあまり他人のことをどうこういう事は減り、

「人は人だからな~。」

という結論に至ることが増えました。他人のことをとやかく言うことも減ったように思います。どうしてこんな風に思えるようになってきたのかな?と考えてみると他人と自分を同じ土俵で比較することをしなくなったからなのかな?と思います。

同じ土俵というのは、自分の価値観ということで、自分の価値観(ものさし)で他人を測るとそりゃ不満も出ます。それぞれ、まったく違った経験を経てきたわけで、自分の価値観で人を測るなんてあまりに乱暴だと今は思います。だから、悪口って結局は自分を肯定したいだけなんだと思います。自分のものさしで他人を測って、不満を垂らす。こうすることで、自分は間違っていないということを確認し(本当は確認できないのですが…)自己肯定する。のだと思います。

こんなふうに考えられるようになってきた私ですが、まだまだまだまだまだまだ未熟モノで、最近多くの悪口をしゃべるという愚行に走ってしまい、しっかり振り返りを行い、以下のようなことを考えました。

・悪口言っているときは、自分が悪口を言っているという意識があまりない。

・悪口言っているときは、なんだかすごく気持ちよく。

・悪口終わった後は、なんか気持ち悪い。なんか罪悪感がある。

・悪口言った次の朝って、なんか気分悪い。もやもやする。

 

これらの感覚って何だか、夜遅くにファストフォードを腹いっぱい食べたときの症状に似ていませんか?笑

私の感覚なので、分かりませんが多くの共通点があると思います。

中毒性があって、気持ちよくって、でも体には滅茶苦茶悪い。

これ、怖いですね。意識的に自分から遠ざけないといけません。

 

あと、書きながら思いましたが、悪口言っているときの自分の状況っていつも「暇」なときですね!前を向いて、自分の力を最大限発揮しているときは悪口言っていません。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました