写真を撮ると…

「写真を撮りたい!」

なんて思ったことはこれまで一度もなかったのに。

ベルリンに来てからハッとする瞬間が多く、それを残したいと思うようになりました。

柄にもなくインスタグラムに写真をアップしてみたり。

でも写真を撮ってみて、生業にしている人の気持ちがなんだか少し分かってきたような気がします。

それは、

その瞬間の自分の考えや感情を形に残したい。そして、それを共有したい。

こんな想いなのでは?

だから、ただ他人の撮った写真を傍観しているだけではそこに面白さは感じられず、

撮影者の伝えたい考えや感情に精一杯想いを馳せることだったり、

自分がその写真から何を感じているのかを噛みしめることであったりするのかなと思いました。

あと、写真を生業にしている人たちがすごいと思うのは、自分の感性を信じきっているところだなと思いました。

自分はこの瞬間を、このアングルで、こんな感じで撮りたい。みたいな自分の感性を信じている。

そして、それで飯を食っているっていうのがかっこいい!!

だから、私も思い切ってお気に入りの写真をブログで紹介したいと思います。
何か感じてもらえるものがあれば嬉しい。ちょっと写真は続けてみようかと思います。

アーティスト・ビルディング

彩り

革ジャンはゆくよどこまでも

光のシャワー

飼い主に憧れて

鍵それぞれ

空を見上げてごらん

コメント

タイトルとURLをコピーしました