世界は善意で繋がっている

このやりとりから一気にベルリンでの生活が動き出しました。

ご覧の通り、私は一度もお会いしたことがないにも関わらず連絡しました。

ご覧の通り、一度も会ったことのない赤の他人にこんなに丁寧で、めちゃくちゃ軽いフットワークで、返信してくださいました。(本当にありがとうございます。)

そしてこのやり取りの次の日の午後、お母様方のお花見会に参加させていただきました。
すんごいスピード感です。

どんな顔してお母様方のお花見に参加すればいいのだろうか?と思いながら、おなじみグーグルマップに付き添ってもらいながら公園へ向かい、待つこと数分。

可愛いお子さんを連れたお母さん方が公園に集まってきました。

私は、大きなスーツケースとリュックサック、ボストンバックを携えいつでもバレーボールできますよ。と言わんばかりのスポーティーなスタイル。昼下がりの公園には馴染まない。

これ。明らかに私は場違い。お母様方、僕のこと怖がってしまうんじゃ?
というか絶対、怪しい人だって思うよな。。。とドキドキしていました。

でも、それは違いました。(本当は怪しいとか思われていたかもしれませんが笑)

みなさん、ビッグスマイルと元気の良い声で挨拶してくださいました。

ざっくばらんにお話する中で、様々なアドバイスや情報をいただきました。

僕はグーグル先生を尊敬していますが、先生からは決して教えてもらえないようなことをたくさん教えてもらいました。私がグーグル先生と一日向き合っても、このお花見会で得たエネルギーや情報、サポートをいただくことはできなかったでしょう。

グーグル先生には「善意」がありません。

でも、お母さん方には「善意」がたくさんありました。

これはとっても大きな違いです。

ベルリンに入った私には無意識に刷り込まれた意識がありました。それは一言で、

孤独

そう思っていました。

でも、まだ3日間しかまだ経っていませんが、

そうではないんじゃないかと思っています。

孤独という意識が自分を孤独している。

私は藁にもすがる想いで、ツイッターでメッセージを送りました。

このメッセージを送る前、私は孤独でした。

ただ、このメッセージを送ったときには、すでに私は孤独ではなかったのかもしれません。

孤独は意識から生まれるんですね。

だからこそ、自分さえ閉じてしまわなければその善意に繋がっていける。

そして、善意に繋がっていけると新しい意識がそこには生まれます。

もらった善意を自分の世界にお返ししたい。

善意がグルグルと世界を回っているんですね。

最後にもう一度。自分への戒めもこめて

コメント

タイトルとURLをコピーしました