格安航空券購入のための裏ワザ。ヨーロッパに行きたい方必見。

ヨーロッパへ旅行で行きたい。でも航空券が高すぎる。高すぎるよ〜。

ということで大学時代の海外旅行はアジア地域に偏っていたよ〜。

そんな人も多かったことと思います。私もそんな大学生の一人でした。

最近では、スマホで簡単に様々な条件を指定して航空券を検索するアプリもありますね。
参考までに私も使ったことのあるスカイスキャナーをご紹介。

このアプリは通知アラート機能もついており、値段変動などの情報を自動で通知してくれます。
非常に優秀なアプリだと思っています。

が、このアプリだけで情報収集するのは最善策だとは思いません。

それは、アプリを使っても弾き出されなかった裏のルートがあるからです!

ここで紹介するルートは以前の記事で登場したスーパー販売員の磯野さんにご教示いただいたものです。

磯野さんは過去、ヨーロッパへ何度も渡っており、その経験からコンピュータでは弾き出すことのできないルート案を私に提供してくれました。

その結果、高松空港からベルリンのシェーネフェルト空港までの航空券代が

なんと5万円切りました。。。。

その経路は、「高松⇨上海⇨モスクア⇨ベルリン」というなんともトリッキーなもの。ヨーロッパに行くのまず、「上海」という選択肢は出ないでしょう。。。磯野さん凄すぎます。

どんな経路なのかをイメージしてもらうために、グーグルマップを入れてみました。

▷高松⇨上海

▷上海⇨モスクア

▷モスクア⇨ベルリン

こんな感じの経路でベルリンまで行くわけですが、5万円以下で四国の高松からベルリンに行けてしまうのには、ルート以外にも様々な要因があります。こちらもまとめて、簡単に記載しておきます。

▷春秋航空のスプリングセールを活用した!
・LCCでのセールを活用すると目が飛び出すような値段で上海まで行けちゃいます。国内線より安いやん。。ただ、気をつけておくべきは預かり荷物に別途、費用がかかってくることがありますので要注意です。にしても、安すぎますね。
参考記事:スプリングセール情報▷フライト時期を考慮した!
・春休みやゴールデンウィークなどを外すことが大事。閑散期の平日を狙う(月〜木曜日。金曜日は避けましょう)今回、私の場合は木曜日のフライトになっています。

▷フライト時間を考慮した!
・できるだけ日中(昼以降〜夕方)を狙うこと。私は13時発のフライトです。朝や夜はビジネス目的の方が多く利用するためか値段が高い傾向にある。
参考記事:飛行機が安いのはいつ?航空券を安いのはこの曜日

▷エアロフロートロシア航空を活用した!安い!
まだ乗っていませんのでサービスがどのようなものか分かりませんが、値段は間違いなく安い。破格です。。
参考記事:アエロフロートの魅力を徹底解剖!評判がいい理由は安いだけではなかった!

▷早い段階で航空券手配の準備を始めた!
これはかなり重要事項です。私の場合は半年前くらいから航空券のリサーチを始めて貪欲に情報収集しました。そうした中で、安く航空券を購入するためのノウハウを身につけることができ、良い情報にたどり着くことができた。

国際線の航空券予約は、ルートや時期、時間帯、どの航空会社を利用するのかと選択肢が無数にあり混乱するかと思います。私も激しく混乱しました。
しかし、情報収集を積み重ねていくことで無駄な選択肢は省くことができるようになる導かれるかのように航空券予約をすることができました。

航空券を購入してしまうと、旅行にせよ、海外移住にせよ動き始めます!

海外に行きたいけど、ためらっている。。。というあなた。

航空券予約しちゃいましょう。そこから全ては動き出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました