スティーブ・ジョブズの「点」と「点」を繋ぐ。

今、やっていることに不安を感じたり、信じられなくなりそうなときに必ず見る動画です。

この動画については、下記の記事で書いています。

あなたにあわせて読んでほしい記事:
「・」+「・」=「ー」

点と点を繋ぐには

昨日の執筆を完了してから、ほっとしたのも束の間。

初執筆した記事を見ながら、これをどうやって次に繋げていくのかをブレストする。
しかし、なかなか発想は広がらない。

が、ただ一つ。取材を許可されたときから考えていたアイディアが。

しかし、このアイディアを採用するかとても迷った。

それはなぜか?

どうせ、こんなアイディアは無謀だ。無理だ。

こんな考えに何度も支配されそうになった。

しかし、それ以外にアイディアは全く思い付かないので、それを実行することにした。

早速、アイディアを形にするためプレゼンテーションのスライドを作成することにした。

アイディアを形にしていく作業は嫌いではないが、考えれば考えるほど、あまりにもそのアイディアが無謀なものに思えてしまい、何度も途中で諦めそうになった。

しかし、どうすれば営業先の組織にとって魅力的なものになるのかを必死に考え、スライドに落とし込んでいった。

非常にシンプルなスライド一枚を作るのに1時間以上を費やした。

正直、貴重な時間を使って俺は何をしているだと思った。

やっていることに意味はあるのか?

作成中も、そして作成し終えた後も、

これは本当に意味があるのか?

と何度もそうしたネガティブな思考に苛まれた。

しかし、またもこの言葉に救われたのだ。ベルリンに来て2回目である。

以前のブログでも紹介しているが、この言葉への感謝の気持ちを込めてもう一度ここに記す。

今やっていることがどこかに繋がると信じてください。

何かを信じてください。

あなたの根性、運命、業

なんでも構いません。

その点がどこかに繋がっていくと信じていれば

他の人と違った人生を歩いていても

自信を持って歩き続けられるからです。

それが人生に違いをもたらします。

これは、みなさんご存知のスティーブ・・ジョブズの言葉だ。

自分の気持ちを慰めるために、、この言葉を思い出しているのかもしれない。

今自分がしようとしていることは誰に指示され、お願いされたことでもなく、自分で決めたことである。

もし、他人にお願いされたり、命令されたことであればそれを他人のせいにできたかもしれない。しかし、それはできない。

自分がする行動ひとつひとつを信じることができなければ、行動を起こすことすら怖くなってしまう。

だから、僕が今日したことには意味がある。これは断言したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました